ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イキガミ』見てきた、そして『生活維持省』とのことも述べたい

『イキガミ』を見てきた。
いい映画だと聞いていたので、期待していなかった。
大抵、期待して映画を見ると期待はずれに終わるのだ。
だが、期待とは裏腹にとても面白い映画だったよ(複雑だな)。

ネタバレは無いと思うが、用心して続きを読む、にしておくよ。

【“『イキガミ』見てきた、そして『生活維持省』とのことも述べたい”の続きを読む】
スポンサーサイト

高野文子『絶対安全剃刀』は何か詩のような…

漫画批評の本を読んでいると、たいていこの本は言及される。
高野文子『絶対安全剃刀』。
そう新しい本ではない。昭和57年に初版発行。
私よりも年上の本だ。

一般に、評価がとても高い作品…その作品を理解できないような奴は、感性の程度が低いんだよ、といわれるような…を批評するにあたっては、たいていの人は褒める批評から入るような気がするのだが、私はまさに感性の程度が低かったのか…なんでかはわからないが…表題作の『絶対安全剃刀』についてはあまり面白いとは感じられなかった。

『絶対安全剃刀』は短編集である。
表題作を含め、17作品が納められている。
1作あたり、大体10ページあるか無いかのものが多い。
出版社は白泉社。『デトロイト・メタル・シティ』を出している社と同じ出版社とは思えないようなさわやかさ。『花とゆめ』を出している出版社だからなんだろうなあと思わせるようなさわやかさ。
値段は970円プラス税。

さて、では作品の批評に入ろうか。

絵について。
やはり女性的な絵なのだが、1975年代から1985年代の女性漫画絵特有のあっさりとした線、雰囲気を持っている気がする。あるいは、この作者が作り出したムーブメントがその時代を象徴するものになったからこのような印象を抱くのかもしれない。

ストーリーについて。
まず、表題作の『絶対安全剃刀』について触れよう。
自殺しようとしている少年が主人公。その友人がもう一人の登場人物。その二人しか出てこない。

9ページしかない。

この作品は、自殺…少年期特有のセンチメンタリズムの発現の一形態なのだろうか…を、軽いような、あっさりとしているような、ユーモアがあるような、しかし一種のロマンチックさを感じさせるような触り方で描いている。多くの人はこれを美しいと感じるのだろう。だが、私にはその美しさが読み取れなかった。なんか、あっさりとしすぎていて。私がこの作品からそういったものを読み取る努力をしていないといわれるかもしれないが、努力をしないと読み取れない美しさを無理に感じようとさせるのは―『悪しき』教養主義の衰退した、といおうか―現代の漫画読者にとってはあまり適切な手法ではないように感じた。もちろん、この作品は25年以上前の作品なのだから、この感想は現代に存在している私がこの作品を読んで、どのような感想を抱いたかということに過ぎない。

ただ、この作品について、現代の読者である私にとっても心に感じさせるものがあったのは、この本で『絶対安全剃刀』の次に収録されている『1+1+1=0』という作品。

男の子が、自らのキスをめぐって両親に不幸を与えていたんではないかと思い悩む話、とまとめていいのかな。8ページ。なんかこう男の子のモノローグが詩的だ。素敵だよ。終わり方もいい。

『田辺のつる』もこの短編集に収められている作品としては有名か。これもなかなかよかった。
自分のことを小さい女の子だと思うようになった、ぼけた老女の話。
作品中で、その老女は小さい女の子として描かれているのだが、その”老女”に接する周囲(家族)との奇妙な距離感だとか、そういうものが感じさせる、空漠、そしてほんのりとした悲しみ。あるいはおかしみもあるのだろうか。

『あぜみちロードにセクシーねえちゃん』なんかは結構時代を感じさせるけど、その時代特有かもしれない若さをもてあます感じが面白いな。なんか黒田硫黄っぽいような感じを受けなくもな


結論としては。
いくつかの短編は確実に面白い。それに、この本は間違いなく漫画読みにとっては有名な本であることもあるし、自分でその内容を確かめることもいい経験だと思う。940円プラス税の、そう高くもない本であるし、決してそう購入の難しい本でもない(今も版が重ねられている)から、買ってみるのもいいんじゃないかな。

読んだら感想聞かせてくれ。

(署名:超伝導ET)

『Yahoo!きっず』が提供するろくでもない世界


調べものをしていたのだが、ふと、今まで使っていたサーチエンジン以外のものを使ってみれば調べ物がはかどるかもしれない、と思いついた。

いつもはgoogleを使っていたのだ。
じゃあ、ひとつyahoo!を使ってみようか。

で、yahoo!のページを開き、さあ使おう、と思ったとき、yahoo!きっずの存在が思い出された。

yahoo!きっずの売りは、スタッフによって厳選された情報が提示されているということらしい。
厳選された情報…そいつぁいい。
せっかくだからそのデータベースのすごさを体感してやろうかな。

私はまず、yahoo!きっずで『女装』を調べてみた。
yahoo!当局がセクシャルマイノリティにおける文化について、どのような取り扱いをしているかを知りたかったのだ。『きっず』だからって女装少年の何かにより接しやすくなっているってことはないだろう、しかし、もしかしたら…という一縷の望みを託すべくそのようなキーワードで検索したのではない。断じてない。

その結果がこれだよ!

なんで『女装』で検索したら一番最初に来るのが日本気象協会のページなんだよ!

他にも調べてみた。『ボーイズラブ』とか『腐女子』とかはもう、子供たちは情報すら得ることが許されないキーワードらしいよ。なんてこった。でも、『ヘタレ受け』で調べてみたらここが一番に表示されたよ!
そうかあ山本裕典って人がヘタレ受け検索結果第一位かあ。
写真を見る限り、まあ、そんな感じだ…

ちなみに『陵辱』で検索するとなぜかドラえもんのサイトが一番に出てくるよ。
なんでやねん。

あと『おちんちん』はいいらしかったよ。でも『おまんこ』はダメだった。もしやと思って関西弁の『おめこ』を調べてみたけどやっぱりダメだったよ…これって男女差別じゃないのか。それにしても私は何を調べているのか。

反省しよう。
じゃあ、逆に、きっずに迎合して、このサーチエンジンに良さそうな単語を模索する。
そういえば、北京パラリンピックが終わったなあ。
小学校のとき、道徳の授業みたいな時間で、やたらと障害者ががんばるストーリーを見せ付けられた記憶がある。24時間テレビ並みに。人間、平等が大事だということはわかったがなんでそこまで強調されるのか、子供ながらに違和感を感じていた。

そこで『障害』で検索すると、障害者スポーツ協会など、しっかりした検索結果が。なるほど、求められるべきものには、ちゃんとよく対応できている。

じゃあちょっと趣向を変えて『勃起障害』はどうかな。

…ダメだった。似たようなもんじゃないのか(違うの?)。
ペレの勇気は評価されなかったのか?勃起障害で苦しむお父さんのために子供が情報を収集しようとすると、そこには大きな障害が立ちはだかるらしい。



『きっず』が作ろうとしている子供ってこんなものなの?

やっぱり『きっず』の世界はどうも、私にとっては住みにくいらしいよ。『陵辱』で検索すると一番最初にドラえもんにぶち当たるようなサーチエンジンによって切り開かれた世界で、子供たちはすばらしい世界の幻影を見るんだろう、それなのに、いつしか『きっず』以外の世界を発見し、そして社会の俗塵にまみれていくのだろうか。

これは堕落というべきなのだろうか、しかし坂口安吾の『堕落論』を愛読していた私は、美しいものを美しいままで終わらせたいという感情よりも、汚い、えげつないものにまみれて、不敵になったろくでもねぇマセガキの方がかえって子供らしい気がする。

『少年は失望と共に目覚め大人へと転落する』(グルテン・ルナール)

ナギに対するお姉さん人格としてのハルさん

灯火親しむ今日この頃。

BSによれば、畑先生はどうもお疲れでいらっしゃるそうですね。書いている漫画にパンツがいっぱいになるのは畑先生がお疲れの証拠だそうですが、それは先生が疲れているがゆえに、精神が求めているものが作品中に顕出されてきたものなのでしょうかね。それを判定するにあたってはフロイト的な精神分析が俟たれるところでしょうな。

私の見立てでは…
先生の幼少期における『女児用パンツに関するトラウマ』に端を発した内なる情動が、現在の先生をしてパンツをその作品中に流出せしめているのではないかと思います。もしかして、畑先生は日常生活において『女児用パンツに関するトラウマ』を過剰に抑圧していらっしゃるのではないでしょうか。抑圧された『女児用パンツに関するトラウマ』が蓄積されているところに、精神の疲労によって超自我すなわち理性の抑圧が緩められたことで、内なるリビドーが噴出し、それがサンデーに掲載され、日本全国に頒布されるという事態を招くこととなったのかもしれません。このような事態を今後防ぐための対処法としては、女児用パンツに関する畑先生のリビドーを解き放つことが考えられますね。もっとも、私の見立てはまったくあたらないのですが…

…ところで畑先生には『女装少年に関するトラウマ』なんかはおありなんでしょうかね?私にはありますよ…『女装少年に関するトラウマ』が肥大化し、社会への問題行動を起こすのではないかと戦々兢々としておりますよ。あと、今回のお話から推察するに、ナギにも幼少期における『女装少年に関するトラウマ』があるようですな。

そんなことはとりあえずさておき。
今週のお話は、文学を通じて一つの友情が誕生するさまを描いた一大感動巨編でしたね。ラノベも文学です。ハルさんが『文学』にふけってる、って断言しているので『ラノベは文学』、これは定理なのです。反証は不可能なのです。一応、さっき文学会の友人に『ラノベは文学に入りますか』と聞いたら『マルセル・デュシャン的に考えればトイレの使用説明書までは文学だ』と言われたので、ラノベは余裕で文学の範疇に入っていますよ。

ハルさんがナギと友情を育むシーンが美しかったですよ。それが一般社会通念上はどのように評価されるかは別論として。また、うるるんサウンドエフェクトを出しつつセリフを言うところを愛歌さんに見られたハルさんがかわいらしかったですね…最近気づいたんですが、誰かがオタクであることが察知できるのってオタクの人だけなんですね…「~くりゃれ」という言葉に対して、普通の人だったら「何、それ」って言って終わりになるところを「商学部にでも転部するのか?」と聞けるのはそれを知っている人だけだという。

それにしても、ハルさんのナギに対する言葉遣いがずいぶんマニッシュに思えました。ハルさんの部屋はなんかぬいぐるみだらけなのに、その言葉遣いはマニッシュ…マニッシュな言葉遣いはお堅いイメージを他者に与えるための心の防壁、ATフィールドなのでしょうかね。ナギはハルさんに対してどのようなイメージを抱いているのでしょうか。ナギの友達はみんな飛び級だったりするので、同じ学校のクラスメイトとはいえ、ナギにとってハルさんは数少ない年上の友達なんですな。するってえと、ハルさんはナギにとって頼もしいお姉さん的な立場になりうる人物なのでしょうね。…あ、マリアさんはやさしいお母さん的な立場ということで、どうでしょう。

そういえばコミックス14巻の表紙もなんかそんな感じでしたよね。何でか涙ぐんでるナギにハルさんが仏頂面でコーヒーを渡そうとしているっという情景の…私の好きな表紙の一つです。10月発売のコミックス17巻も楽しみに待ってますよ。

追記:
なんでナギが女装にあんなにこだわっていたのかは…謎ですな。
先天的に女装が好きなのか、それともハヤテがそばにいることが新たな嗜好を発生させたのか。

『ナカノブ文学会』へとブログの名称を変更しました


先日の団藤君帰国によって、中延文学会員全員が日本に揃いました。
そこで、いままで『かってにデストロイ』と名づけられていた当ブログは、
本来の名称である『ナカノブ文学会』へと名称を変更しましたよ。

名称変更とともに今後も当ブログが本格活動を始める予定です。
とりあえずリンクをちょっと増やしてみました。まだまだ増やす予定。
ブログ開設2年にしてようやく本格活動を始めるというのもいい加減極まりないですね。

でも、まあ、それはそれとして。

ナカノブ文学会に、なにかいいことありますように。

日本人は昼飯を食べるのが速いようだ


恥ずかしながら日本に帰ってきた。ドイツ修行を終えた。
ドイツから東京まで、結構な時間がかかった。
…やっぱり電子書籍デバイスがほしいな、こんなときには。
中延文学会の活動にもようやく本格的に参加できそうだよ。

有楽町近辺が結構変わっていることには驚かされた。
職場の同僚に挨拶をしに行き、そこで偉いさんにお昼をご馳走になった…
なんかランチなのに3150円とかするやつだったぞ(いじましい)。

で、私がドイツのことを質問されつつ、ご飯を食べていたのだが、ふと気づくと、私が最後まで食べているのだ。みんな、さっさと食べ終えて、私のことをじーっと見ていたのだった。

私はどぎまぎしつつ食べ終えた。いや、ちょっと時間が無くて食べ終えられなかった奴があったから食べ終えたわけじゃないか。日本人の昼食を食べる速度は国際的に見ても速いんじゃないか、とドイツにいて感じさせられることが多かったのだが、私はドイツの速度に慣れてしまっていたようだ。

結局私はドイツの日常用語とかは話さないまま日本に帰ってきたのだが、変なところでドイツのスタイルが染み付いてしまったようだった。

まあ、何はともあれ、私はめでたく日本でまた暮らせるようになったのだ。
みなさんよろしく。

畑先生の努力には敬意を表せざるを得ない、それにしてもバックステージのシステムは改良されるべきじゃないか

皆さん、今週の畑先生のバックステージをごらんになりましたか?
見ていないんなら、見るべきですよ、ぜひ。
バックステージ200回達成かあ。すごいなあ、毎週毎週ってのは…

ハヤテのごとく!およびサンデーのファンの一人として何か一言いうならば…バーナード・ショウいわく…いや、ここは真っ正直に『畑先生、バックステージ200回達成、おめでとうございます』、と言わせていただきましょう。こいつぁ記録と記憶に残る実績ですね。

しかも200回目からはWEB漫画ですか…すごいバージョンアップっぷりですね!実は私は、いつも水曜日にネットを見るときは一番最初にサンデーまんが家バックステージを読むことにしているのですが、今週の場合は、ページを開いたとたん、イラストじゃない4コマ漫画が目に入ったのでびっくりしましたよ。自らハードルを挙げてリニューアルしようという先生のチャレンジマンシップ、確かにお見受けいたしました。

そういえば私はこないだ20歳になり、「もうハタチ過ぎたら腐った活動は落ち着けるべきなんやろうか…」とか思っていたんですが、畑先生の前のめりな生き方、感動しました。私もゾンビ並みに生き腐り、パンキッシュに生きようと思います。あるいはパンクチュアルに。

今後WEB日記からWEB漫画に進化しようということだそうですが、そこで改めてこのまんが家バックステージのシステムを見るに、このシステムは毎週毎週きっちり、総計200回もバックステージを更新する作家が出てくることを予期しているとは思えないシステムですよね。以前のバックナンバーにアクセスするためのリンクも原始的ですし、『前回の記事を読む』ボタンとかも無いし。システム設計者の想像をはるかに超える畑先生の偉業はまさに前代未聞ですよ。感服仕りましたのう。

でも、ここまで畑先生がバックステージの更新をしているんだから、WEBサンデーは、システムをもうちょっと変えたらいいのに、と思わないでもありません。リンク上にカーソルを合わせたらその回の記事タイトルが出るようにするとか、イラストが表示されるようにするとか、あるいはこのシステムみたいに、BSのタイトルイラストをいっぺんに見れるシステムをつけるとか。こんなにこまめに更新している作家に合わせてシステムを作るくらいのコストはかけてもいいと思うのですよ。

あと、畑先生はお忙しい身の上でいらっしゃったはずで。チャレンジはすばらしいことですが、お体を大切になさってください。…そういえば、高校生の時、「死ぬほど勉強しても実際死んだ奴はいないから安心しろ」みたいなことを先生に言われた記憶がありますが、私の先輩の大学院生が勉強しすぎて吐血・入院しました。世の中って想像をはるかに超える事件が起こるものなんですね。…早い話が、畑先生、死なないでください。

それはそうと。ハヤテとマリアさんは水族館デートですか…畑先生は品川水族館にわざわざ取材にいらっしゃったそうで。私も品川水族館には一家言ありますよ。近いから。『サメとエイの違い』とか。なんかエラのある穴の並びが、横にあるのがサメ、裏の平べったいところにあるのがエイなんですよ。…品川水族館に私が行ったときにガイドの人が言っていました。あと、…私はノコギリザメしか知りませんでしたが、ノコギリエイってのもいるんですね。…ああ、私って知性とか豆知識力とかが足りない!

今週のお話はなんだか西沢さんがかわいらしく見える回だったような気がします。本来ならマリアさんに注目するべき回だったのでしょうが…『も!!もしかして二人は…!!つきあってたりするのかな!?』とか聞いちゃうところに、何か健気さを感じました。健気とは違う気もしますが。それに、そもそも、私がただ単に『けなげな女の子』にシンパシーを覚えているだけかもしれませんけれども。

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

もっと創意工夫のある女装披露があっていいはずだ

拝啓

新秋の候、みなさまはお元気でいらっしゃいますか?私は元気です。が、このパソコンは死の淵に立たされているようで、この記事がちゃんとアップできるのか、謎です。

私は今、秘密組織『紅トカゲ団』の特命を受け、近畿地方における涼宮ハルヒの陰謀を調査するのため、大阪人に偽装し、諜報活動に励んでいるのですが、調査によると大阪は毎日雨ばっかりで、田舎の本屋には涼宮ハルヒの店頭キャンペーンをやっているところがあり、あとサンデーはちゃんと発売日に店頭に並んでいました。サンデーが本物かどうかを確かめるために何気ない風を装いつつサンデーの購入に及び、表紙と中身を五感によって確認しましたが、表紙がハヤテのごとく!であったことを除いては、毎週東京で発売されているサンデーに近いものが売られているようでした。東京でもハヤテのごとく!ファンに対する宣撫工作が行われているのか、調査する必要がありますな。このサンデーは非常に精巧な贋作か、あるいは本物である可能性がありますが、詳細は精密検査の結果を待って報告します。なお、大阪では商品経済が崩壊しており、駄菓子屋ではおばあちゃんが10円ガムを10億万円で売りつけているという以前の調査報告は誤りであった可能性が高いようですな。

それはそうと。
畑先生のバックステージの回数が199回に及んだそうですね。ハヤテのごとく!ファンには周知のことでありますが、改めてその数字の大きさを考えると驚きを禁じえないですよ。バックステージのページを下のほうにスクロールしていくのが大変になる記事の多さですよ。いつも畑先生はサンデーが休みの週ですら更新されていましたが、なかなかできることじゃありませんよね。ポストカードも付録になろうってもんですね。しかし、バックステージが200回になると何か特別なイベントが発生するのでしょうか。発生したらいいな特殊イベント。

今週はサンデーで巻頭カラーだから特殊イベントの大盤振る舞いってわけではないのでしょうが、私のとって今週のお話のハイライトはミニスカートのハヤテですね。男性キャラだとやっぱりスカートはロングでないと色々とまずいことになるのではないかという大方の予想を裏切ってのミニスカートですか…やりますね…。

…しかしこの場合、訓練されたトランスセクシャル物マニアならば指摘されなければならないと思うのが『公開の場での女装披露』だというところですよ。

私が思うに、公開の場でハヤテの女装を披露することによって、ハヤテの羞恥の度合いを高めることができ、それはそれでいいのですが、このシーンのツメが甘いのではないかと思われるところなのは、公衆の目にさらされて、ハヤテは恥ずかしがってるだけで、ハヤテ自身の内なる耽美な喜びを引き出すことに失敗していることですよ。

いつの日か、好事家の手によって、じっくりとハヤテを女装させるための秘密クラブが開催されることを願ってやみません。私はやっぱりエプロンドレスを所望します。そしていつしかハヤテは己が秘められたものに目覚めて…って、ハヤテのごとく!はBL漫画ではないので耽美で淫靡な悦び方面はどうでもいいのでしょうけれども。よいこの味方借金執事万歳!

あと、『イチャイチャ』と音が出るほどいちゃいちゃするというのがにったりポイントでしたね。音が出るほどってどんなやねん。音じゃないんでしょうけど。あと、個人的には擬音はひらがなで『いちゃいちゃ』にした方がよりねっとり感が出て、そのいちゃつき加減、西沢さんやヒナギクさんも絶望マックスだと思います。でもハヤテのごとく!はさわやか漫画なので(たぶん)ねっとりしてない方がいいのかなあ。

さわやか漫画的には、マリアさんの水着は露出が低いようで、実際よく見てみるとパレオみたいになってる部分は、下腹部のかなり下のほうを隠しているだけなので、それはギリギリのものがあるのではないかと思われるのが問題にならないのかと思ったりしないでもないのですが、たぶんこれがロックってやつなんだ。

今回の記事のタイトルもなんかロックに満ち満ちてるだろ?

かしこ

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。