ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年の映画について

今年ももう終わろうとしている。今年は邦画の多くで意欲的なものが公開されたが、面白いものが多かったかと言われるとちょっと疑問かな。洋画はジャーナル性のあるもので好作が多かったようだ。

さて、それでは私が選ぶ今年の良い映画を順にあげて行こうか。

『アメリカン・ギャングスター』
ラッセル・クロウみたいな渋い役者が私は大好きだったので、この映画を見ないという選択肢はなかった。で、見終わった感想は(この映画は結構尺の長い映画だったが退屈しなかった)、『まる見えテレビ特捜部をかっこよくした感じ』だった。じっさい、ストーリーはそんな感じなのだ…新しいシステムによってギャング組織を急成長させた若き黒人ギャングスター、そして腐敗した警察組織の中でもがきつつもギャング壊滅に向けて努力する渋い警察官。警察官の努力のさま、そして捜査が結実して犯人逮捕に乗り込んでいくシーン、それらを語ろうとすると陳腐になるかもしれないが、なかなか見ごたえがあったよ。

あと、けったいな視点かもしれないが、私がこの映画を見て感動したところについて。わりと最初の方、ラッセル・クロウが犯人逮捕に行くときのシーン。ばかでかいハンマーで犯人の部屋のドアをぶちやぶるのだが、その圧倒的な存在感(銃をパンパン撃つシーンの10倍は生々しさがあった。そして生々しさをかもし出せる映画ってそんなにないと思う)、私の心に残らざるを得ないものだったね。

『バンテージ・ポイント』
いくつもの視点から少しずつ事件の全体が明らかになっていくというのは面白い映画の構造だった。しかもその構造は奇をてらったものではなく、複雑なテロ事件の全容を観客に見せるためには最適なものであったというべきだろう。長い長い(長く思われた)カーチェイスのシーンが好きかどうかは意見が分かれるところかもしれない。


そういえば今思い出した、『最高の人生の見つけ方』というのもあったが、私はこの映画をどうこういうには若すぎるかもしれないな…最初と最後はじゃっかんミスリーディングのある伏線が敷かれていてなるほど、と思わされるものがあった。テレビ放映されるだろうからそれを見れば十分かも…。

『ダークナイト』
ダークナイト、というタイトルを聞いたときなんだそりゃと思ったが、バットマン映画だということを強調しすぎるとアメコミ映画にはあまり食指が動かない多くの日本人にとってはこれがベストなタイトルだと映画会社の人は思ったのかもしれない。だが、結局その試みは失敗したらしく、この映画は日本では振るわなかったようだ。アメリカなどでは非常なヒットだったらしいのだけど。

アメコミ原作映画はやはり売れないのか?しかし、少なくとも、私にとってこれは今年で最高の映画だった。また、DVDをほかの人に見せてみると(買ったのだ、DVD)すべての人(多くは日本人だ)がこの映画を賞賛する。やはりこの映画はすばらしいものだった。

どこがそのすばらしい物だったか、というとアクションの面白さに触れなければならないだろうがそんなものは文章で書いても伝わりやしないだろう。しかし、この映画は大きな画面で、そして音響設備の整ったところで見てほしい、という私の実感を書いてはおくべきだろうか。とくにバットモービルが活躍するシーンはね!バットモービルほしいぜ。

だが、この映画の眼目はそのテーマのすばらしさだろう。悪の組織に屈することはできない、しかしその戦いの過程で多くの人を不幸にしてしまったかもしれない。…正しいことを行っているのに今は非難を甘受しなければならない…しかしいつか正義であったことが人々にわかるのではないか…そういうメッセージがラストのシーンにあったように私には思われた。また、人々は正義を行う事ができるのではないかという希望を示すシーンも感動的だった。

ほかにも悪役はやっぱり狂ってるほうがいいよなあとか爆発はシンプルながらわかりやすく面白いなあとか、色々感じさせられたよ。ぜひみんな見るべき映画だ。150分強あるのでテレビでは完全放送されないかもしれない。

邦画にも触れよう。
あんまり数見ていないのだが…

『イキガミ』
漫画原作で一番好きだったのはこれかな。遺族のごたごたがなければもっと売れてよかった映画なはずだ。いくつかの小パッセージが交錯する構造は漫画原作を生かしていた。あと、劇団ひとりが役者として光っていた気がしないでもない。

『DMC』は出落ちっぽい気がしないでもなかったが面白かったかも。

『崖の上のポニョ』
この映画に触れないわけにはいかないだろう。正直言ってストーリーはなんだかよくわからなかったのだが、その美術的なすばらしさは間違いなく日本アニメにおいて傑出したものがあった。特に津波のシーン。音楽的にもすばらしかったな。音楽がワーグナーあるいはマーラー的だったように思ったが、それは映画には必ずしもあっていなかったかもしれないが、きれいだったからいいのだ。ポニョのテーマ曲は今後子供向けの曲のスタンダードになるだろうか?すごく記憶にのこる曲だったね。

来年も楽しみな映画が多い。007の続編や、エヴァンゲリオンの続編など…続編しか思いつかないんだけど…

さて、今年ももう終わりだ。来年もよろしく。
いいなにかがありますように。
スポンサーサイト

湊かなえ『告白』:私が選ぶ2008年度もっとも面白かった本

今年もたくさんの本を読んだ。だが、その中でもっとも面白かった本は?と聞かれれば、迷うことなくこの本だと言い切れる。湊かなえの『告白』(双葉社)だ。分野はミステリーである。

さて、この本はそのタイトルが示すとおり、登場人物が連続して告白をしていく…という形で構成されている。全部で6つの章からなりたっているのだが、そのひとつひとつが非常に優れた伏線を設定しつつ、そしてそれに解答を与えるという巧みな構成になっている。まったく、この本の構成については巧みという修飾語しか許されそうにない。

舞台は中学校だ。で、最初のシーンは…ああ、なんかネタバレしそうでなんかたまらない!『続きを読む』設定にしておこう!でも一応なるべく伏線はばらさないようにするので良かったら続きも読んでほしい。


【“湊かなえ『告白』:私が選ぶ2008年度もっとも面白かった本”の続きを読む】

2008年は漫画の当たり年だった

やあみなさんお元気だろうか。コミケも一日目が終わったね。われわれ中延文学会員有志(二人しかいないけど)は「コミケ会場に近いところに住んでいる」という地の利を生かしてコミケに参戦してきたよ。そして今は疲れきって倒れふしているという感じかな。それでも明日も行くのだ。

開場を待つ時間、われわれが話し合ったのは今年の漫画は面白いのが多かったよねという話であった。その内容を以下、ここにまとめつつ今年の漫画表の総決算としたい。以下、思いだせるままに挙げていこう。

石黒正数『それでも町は廻っている』第5巻
同上『ネムルバカ』


『それでも町は廻っている』のほうは26日に発売だったため、とても読後感が新しい。一応この漫画はメイド喫茶を中心に廻っているストーリーのはずなのだが、この巻はとくにぜんぜんメイド喫茶部分が出てこなかったなあ。そして漫画内時間もちゃんと進んで嵐山歩鳥は2年生になっているのだ。キャラクターの成長に関するエピソードは36話、37話、39話あたりに顕著だったかな。

追記:とか思っていたらこの漫画は時間軸が回によって違ったりする漫画だったのね…教えられて初めて気づいた…ごめんよしったかぶりして。みんなは気をつけてね。

それにしても、今後ずっと歩鳥たちは現実時間と同じスピードで年を重ねていって…もしかしてあと1年ちょっとで高校卒業…『それ町』の連載が終わってしまうなんてことがあるのだろうか?ちょっと悲しいぞ。いや、このままだと紺先輩が卒業してしまいやしないか?どうなんだそこんとこは。卒業したらどうなるのかな?

あと、39話のエピソードは静ねーちゃんの正体を示唆する重要な話だったね。この話で作者が示唆している静ねーちゃんの正体とは…まあ一読すれば明らかなんだけれども…しかしミステリ好きの石黒正数のこと、もしかしたらなんぞやのミス・リーディングを施してあるかも知れませんな。その解答編は今後に期待ということで…。

『それ町』に加えて、同じ作者の『ネムルバカ』は間違いなく今年最も印象的だった漫画の一つだ。ミュージシャンになるという夢を目指す先輩、そして自分が何ができるのかわからないでいる後輩、いいよねこういう人間関係ってのは。人間のモラトリアム期を描いた漫画としてはこの漫画よりもすばらしいものを読んだことがない気がする。ラストもよかった!

石黒正数の漫画は何回読んでも読むたびに面白いというすばらしい特質を備えている。なぜそのような特質が発揮されるのかはわからない…たぶん、その特徴的な、しかししつこさのない絵柄であるとか、押し付けがましくないストーリー展開であるとか、個性的でも暑苦しくないキャラクター造型であるとか、そういったものに起因するんじゃないかと思っているが、石黒正数と同じような面白さを持った話が描ける漫画家というのはそういない気がする。


島本和彦『アオイホノオ』

『アオイホノオ』も『ネムルバカ』と同様、モラトリアム漫画に分類できるだろうか。だがしかし、その面白さの主眼というのはモラトリアムの何かこうもんもんとした雰囲気だけではなくて、1980年代という特殊な漫画シーンを描くことにもある気がする。深夜映画を見に行く話とか、あだち充の漫画に衝撃を受ける話とか、あとはアニメのOPを全力で目に焼き付けているシーンとか、なんか私は体験していないのに『懐かしい』というような錯覚を味わってしまうエピソードが満ち満ちていてすてきだったのだ。

(『懐かしい』と思ってしまうのはなぜなんだろう?直接体験ではなく、間接的に体験してきた何か(あだち充に影響された漫画だとか、80年代アニメを見て育ったクリエイターのアニメだとかにしみこんだ何か)に今まで触れてきたいた自分が、その原体験を再び体感することによって、その『何か』が再び噴出してきているのだろうか…)


福満しげゆき『僕の小規模な生活』

『アオイホノオ』に触れたならこっちにも触れなくては片手落ちというものだろう。言わずと知れた、今年ヒットを飛ばした漫画家漫画だね。

e-co君はかなり前から…高校生の時というから2,3年前だが…『僕の小規模な失敗』を知っていたそうだ。漫画の中に描かれている主人公(=作者)のダメっぷりに異常に心引かれるものがあり、高校の同級生に薦めまくったらしい。そういうe-co君をどういう目で回りの人が見ていたんだろう。それについてはe-co君は「ノーコメントです」とのことだった。あとどういう経路でこの作品を知ったんだろう?

まあそれはそれとして、『僕の小規模な生活』、この漫画は大抵の漫画と違って2巻のほうが面白く感じた。この漫画家がダメ人間として生活している部分よりも、新人の(といっても結構な年だが)漫画家として妻と一緒に生活している部分のほうが面白いのだった。たぶん、バイトで身をすり減らしている日常の漫画なんかよりも、自分が見たことのない世界の日常の漫画のほうが読者にとって面白いからだろうな…あと、私は100ページの『蓄積された充実感のエネルギーのほとばしり』の表現が好きだった。なんじゃこりゃというような表現なのだけど。…それにしてもこの漫画、2巻はページが少ないくせに高いなあ!705円プラス税だって。140ページぐらいしかないのに…


また、今年は女性の漫画家のギャグにセンスを感じることが多かった。
薦められて読んだのは桜井のりお『みつどもえ』だった。名前は知っていたがチャンピオンの漫画ということで読んだことは無かったのだが…とても面白く読んだよ。最初の頃はなんだか避けられがちだったのに三つ子はいつのまにか友達もできてるっぽいしいい話じゃないか。私はひとはのホラー顔がお気に入りだった。e-co君はひとはのつけていた日記の文章「とんでもない雌豚である」とかがお気に入りだったってさ(6巻の第105話)。

アニメも面白かった武梨えり『かんなぎ』は1~3巻のギャグ色の強い部分がとくに私のお気に入りだった。あとがきも良かったよね。作者マンのデザインが好きだ。

今年出た漫画ではないのだがほかにギャグが光っているような気がした女性漫画家というと樹るう『ナチュラルハイ』西炯子『ひとりで生きるモン!』が良かったなあ。とくに後者はお勧めだ!どんな漫画家というと言葉では説明しにくいものがあるから実際読んでほしい。

ブルジョワだらけのこんな世の中じゃ

拝啓

唇寒し。師走も半ばとなんなんとする今日この頃、皆様はいかがお過ごしでいらっしゃいますか?畑先生は風邪ということですが、奇遇なことに…というか日本全国で今風邪が流行ってるんでしょうね…私も風邪をひいておりましたよ。たぶんそれまで続けていた冬コミ前の重労働の不摂生がたたったんでしょうね。NHKのニュースで環境省のレッドデータブックに私が搭載されたことを知った時にはどうなることかと我が身を案じたものでしたが、民事再生法の適用を申請することにより事なきを得ました。今では主な症状は治まり、一日三回、七色に光り輝くもんじゃ焼きの幻覚が見えるぐらいで済んでいます。

凡俗の私なんぞは冬コミの作業でへばるというのに、この4年間というもの、休みも無しに、且つ冬コミどころではない労働をされている畑先生はお体大切にしていただきたいところですね。

それはそうと。今週のお話でヒナギクさんたちが飛行機に乗っていましたね。文とかはクイズで負けていたくせに飛行機に乗るのか。この資本家分子めが。飛行機とブルジョワ、といえば一つ思い出す話があるのですよ。

とある名門高校に通っていた友人の話なのですが…まあぶっちゃけた話、開成高校のことなのですが…開成高校の修学旅行では、数年前まで、いつも行き先が北海道だったそうなのです。北海道に行くってだけなら普通なんですが、その行きかたが一風変わっていて、列車を乗り継ぎ、陸路だけで札幌まで行っていたそうなのですよ。なぜだかわかりますか?

答えは『もしも飛行機が落ちて開成高校の学生が全員死ぬようなことがあったら、日本にとって損失が大きすぎるから』だそうですよ!これが異文化か。デカルチャ。しかし、そんな開成高校も、数年前からは態度をあらため、飛行機で沖縄に行くことにしているらしいのですよ…

しかし、なんと彼らは飛行機に『半数ずつ分かれて』搭乗するんだそうですよ!もしも片方落ちても半分の学生は残るように。しかもJAL、ANAの二社の航空機に分かれて。…リスク管理体制にもほどがあるという感じですね。さすがに名門白皇学院といえどそこまでのリスク管理はしていないことでしょう。うむ。いや、もしかしたらしてるかも。

たぶん三千院家が海外に旅行に行くときには最新鋭のプライベートジェットで、最優秀なパイロットを雇い、人数分のパラシュート、人数分のパラシュート・インストラクターを乗せて行くのでしょうね。…あ、機の後方に空賊の影が!助けて!助けて空飛ぶ豚!

追伸:
私はクラウスが幸せになっているところも見てみたいです。
…哀愁に弱いのです。
タマはわりとどうでもいいです。

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。