ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風立ちぬ。いざ生きめやも」 漫画家ってやっぱり死にたがりなのかな?

実家のある大阪に帰りましたよ。今、東京は暑いのでしょうかね。大阪も暑いですよ。暑い中、昔読んでいた漫画を読み返したりしている日々です。『動物のお医者さん』とか。かつてはこれを読んで獣医になりたいと思ったものでした。なりませんでしたが。私は犬のでかいヤツが嫌いだったのですよ。ねずみや蛇なんかは得意なのに。『ハヤテのごとく!』を読んで執事になりたいと思う人はいるんでしょうかね。大学には執事学部とかメイド学部なんてものは存在しないので、執事学部の学園もの漫画って作れそうにないですね。そういえば『動物のお医者さん』がドラマ化されたときにエンドロールで「獣医になるには大変な努力が必要とされます』というテロップが流されて、安易に獣医を志望しないようにと釘を刺されていましたね…ハヤテのごとく!のアニメでも『執事になるには大変な努力が必要とされます』というテロップを入れて青少年の健全な育成を図ることが必要とされるかもしれません。

あと『動物のお医者さん菱沼さんにはマリアさんに通じるものがあるなあと思ったりしました。謎めいた美人であるところとか。なんか人がいいようで、その実、面白がっているようなフシのあるところとか。実際はすごく頭がいいハズというところとか。あと、雪に埋まったマリアさんを引き抜くと世にも恐ろしい断末魔の叫びを上げて、それを聞いた犬が死ぬところとかもそうでしょうね。この調子でいくと、おそらくマリアさんは急性盲腸炎にかかっても死なないにちがいないですよ。電気系の攻撃も通用しなさそうですな。

さて、今回の話で心の深いところに刺さったシーンが、漫画家の人が『死にたいなあ…』というシーンでした。少年誌で『死にたいなあ…』と呟くシーンが出てくる漫画は少ない気がします。そりゃ、人間、生きてりゃ死にたくなる時もありますよね。例えばテスト期間中とか、赤松健の金持ちさがねっとりと伝わるようなテレビを見た後とか。

でも死なない。その理由は、私の場合は「人に迷惑をかけるため」でしたね…死にたいと思ったときに死後の自分の遺体の処理や賃借中の不動産の評価額の下落、納入済みの学費と教科書・小説・漫画の処分の事を考えると死にきれませんでしたよ。あと具体的な自殺の方法を考えていくと意外と楽そうな自殺の方法は実現するのが難しそうなのですよ…「おかあちゃん、やっぱり自殺って首吊りがええんかなあ」「え、ちょっと待って、戸棚に青酸カリが置いてあったかもしらんわ」…という吉本新喜劇のギャグが意味深に思えましたよ。

しかし、今は元気に生きていますよ。生きててよかったなあ。生きててハヤテのごとく!とかハルヒとかかってに改蔵とか絶望先生とか吼えよペンとかマスターキートンとかめぞん一刻とかすごいよ!マサルさんとかが読めて、よかったなあ。私はまだハルヒ第2期を見ていないのでまだ死ねません。らき☆すたはあんまり好きじゃないのでどうでもいいです。でも、確実に誰かを生き延びさせるべく決意させているでしょうね、らきすたは。もちろん、ハヤテのごとく!もですよ。命は地球よりも重いらしいから、さしずめハヤテのごとく!は地球を救う!てなところですな。

ああ、そういえば今週の話で『西宮北高校』の話が出てきましたね…また、明日行ってくるのですよ…西宮に…友人と…とりあえず、『長門のテリトリー』には行ってくる予定です。あとよくSOS団が集合している喫茶店とか。しかし「練馬と杉並の喫茶店とファミレスはまんが家と編集とアニメーターだらけ」ってんならいっぺんそんなドリームスペースにも行って見なくてはなりませんな。人生に目標がまた一つ加わりましたよ。生きなくては。風立ちぬ。いざ、生きめやも。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/118-32a4cc14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。