ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウスの死とそれを前提にした復活…愛と勇気の三部作

タイトルはハッタリです。

さて、ハヤテのごとく!アニメ版…今週のお話は執事長クラウスの死と再生をテーマにした深遠な哲学的テーマを描ききった快作でしたね。嘘ですが。私はあんまりアニメは感想を書かなかったのですが私は今週みたいな話が大好きなので感想を書きたいと思います。

具体的にどこが今週の話がよかったか?それはもちろん、クラウスさんが出てくるところですよ…私は中年の哀愁が大好きなのですよ。最近のBLには中年ものってあるんだぜ…びっくりだろみんな。別に私はBL的な意味で今週の話が面白かったわけではないのですが。…いや、ちょっとそれもあるかな…

まあ、一番キーになっていたのはクラウスがアイデンティティを取り戻す、ということですよね。優秀で女装の似合うハヤテに居場所を取られてクラウスショボンヌだった、しかも年も感じるようになってきていたクラウス。しかしナギにはやっぱり必要とされていたんだね、という。でもそれが新聞へのアイロン掛けのみが現象面として現れてきていたっていうのは若干寂しい気もするけれど…勿論、それは比喩というか象徴みたいな形で彼の仕事を表現していたものだからそれでいいんだと思うけれども。でもクラウスの優秀さの側面みたいなのも描かれていて中年キャラのファンとしてはうれしい。以前は投資判断などをしていたとにおわせるシーンとか。以前は株式投資かなんかで兜町をブイブイいわしていたのだろうか。

あとやっぱり忘れちゃいけないのが今週もハヤテが女装したのが可愛かったということかな…アニメ上では一番最初にハーマイオニーという単語が発せられたことになったのう。いやいや。まったくもう。ハーマイオニーがとうとう出現したことに感動が隠せませんな。あれってアフタヌーンの女神様なのか…でもまたネコミミのハヤテも見たいところであるな。うむむ。

個人的な感想を言わせてもらえば、オリジナル路線が続いて原作ファンに不安視されていた3クール目ですが、私は3クール目がむしろ凄く面白く感じるのですよ。世間一般でどのように評価されているかは私は世間一般にいまひとつ触れない日常を送っているので判断できかねますが。いいよね。いいでしょ?来週も楽しみです。特に来週は個人的にシンパシーを抱いている西沢さん話なわけで。

でもさすがにナベシンは無しだろ、とは思いますが。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/145-adb32bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。