ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高度に発達したキッズアニメは深夜アニメと区別がつかない!第39話への賛歌!

面白かった。ハヤテのごとく!アニメ第39話、早い話が暫定最終回は面白かった。今日は朝から4回見たぐらい。

感想?そうだな…
ああ来たか…
ああいう風にまとめてきたか…
という感じだったね!
グレンラガンパロディが板についた熱血っぷり…いや熱血とはちょっと違うかもしれないけどキッズアニメ的にも深夜アニメ的にも全くすばらしい。いいアニメだ。(暫定)最終回がこんなにキレイに盛り上がり、まとまり、かつシメがついているってのは珍しいことだと思う。そういうアニメが見れてよかった。人生において一つの新たな喜びの記憶を手に入れた気分だ。

印象のみを述べても「すばらしい!」の一言になってしまうので、ここは一つ一つ今回の暫定最終回の良かったと思う要点をまとめてみようか。

①熱血ってやっぱりすばらしい。
何かと閉塞感に満ち満ちたこの日常を打破してくれるのは常識はずれのエネルギーを持った熱血野郎にちがいないのさ。その点、今回のハヤテのごとく!はグレンラガンパロディと相俟って変な空気が漂うまでに熱血の匂いがプンプンしてたぜ!いいねああいうパロディは。いいねこういうアグレッシブさは。ハヤテが蛇の呪いかなんかと戦うときに叫んでいたシーンとか好きだった。あと姫神がロボのビームをエヴァの正八面体で避けたシーンとか。

②なんかやたらとよく動いていた。
なぜ、あんなに最初のシーンの桂先生は無駄に動いていたのだ…面白いんだけど。予算が潤沢にあったってことなのかな。
特に私が感動した動画の部分は、中盤のヒナギクのアクションシーンだ。
ヒナギクが竹刀を構え、理事長に切り込む!というシーン、非常に躍動感のあるバックステップ、そして切りかかり、その一瞬ヒナギクの瞳が大写しになってその瞳に理事長の姿が映る!というシーン。理事長の姿が映るシーンは一コマ、つまり目にもとまらない速さという形容がぴったりくる早さだ。だがまさにこの目にもとまらないような速さで流れてゆく一コマ!そこにこめられた熱いスタッフの心意気…私は確かに受け取ったぜ!

③ハヤテのネコミミエプロンドレス(みたいなもの)着用シーン
定番ともいえるかもしれないハヤテの女装シーン…君も好きだなあとか言われるかもしれないが、好きなものは好きなのだ!飽きもせずによくそこに注目するもんだよとか言われるかもしれないが、これは私の骨の髄あたりにふかぁく刻み込まれた嗜好であってちょっとやそっとでは満足されないのだ…

勿論わたくし今回の赤っぽい感じの服も実に気に入りましてよ。理事長にかいがいしく傅くハヤテ君を見ていると理事長がクレヨンしんちゃんみてえなだらーんっとした顔になっているところで深い共感を覚えましたね。私もそういう表情になっていただろうということで…

さらに今回は変身シーンつきなのだ!いやあ魔法少女ものならいざ知らずハヤテのごとく!で出てくるとはね、変身シーンが。ああもうアレだ。最高だ。

…しかし、中性的な少年の女装シーンというのは女性向けのサービスなのか、男性向けのサービスなのか。

年明けからはまた第4クール目のハヤテのごとく!か…楽しみだ。
特にヒナ祭り祭りは名シーンだったからのう…ウフフフ。
(それにしてもクリスマス話なのにマリアさんの誕生日には触れなかったのだな…)
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/151-9cadc07d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ハヤテのごとく! 第39話 「よいこの友達借金執事万才!」

ハヤテのごとく! 05 12月25日。ハヤテが屋敷から居なくなったということで、ナギは落ち込んでいた。ハヤテはというと白皇学院に来ていた。偶然にハヤテを見かけたヒナギクが、様子のおかしいハヤテを心配する。するとそこに詩音が現れる。理事長のところに案内する...

  • 2007/12/23(日) 18:13:53 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。