ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南大門火災とそれに関するデマとおぼしき情報の流布について

南大門で火災があった。放火という情報もあるらしい。
朝日新聞の記事では放火説については触れていないが、韓国の新聞ではいくつかの新聞が放火説に触れている。

中央日報
『個人タクシー運転手イ・サングォンさん(44)は「午後8時40分ごろ短髪にミリタリージャンパーと黒の登山用ズボンをはいた50代ほどの男が紙袋を持って崇礼門のそばの階段を登っていた」と話した。イさんは「1~2分後、崇礼門左側の1階樓閣と2階樓閣の間から赤い花火が上がった」とし「崇礼門に上がった男は火花が起こると階段を下り、南山の方に消えた」と付け加えた。警察は目撃者の陳述から放火である可能性が高いものとみて捜査を進めている。 』
崇礼門というのは南大門のことである。リンク先の動画でアナウンサーがsung-rie-mun、と発音しているのがそれだ。

奇妙なことに、東亜日報は日本語版の記事、中国語の記事、英語の記事では崇礼門の火災について記事を載せていないが、もちろん韓国語のHPには火災に関する記事が載せられている。放火について述べた記事がこれだ。

このブログはハングルに対応していないので記事の内容を要約して紹介すると、リンク先の韓国語の記事は、消防隊が消火活動に当たっていたときにライターを2個発見した(ただ消火活動で事態が切迫していたので証拠のライターは確保できなかった)ことから、放火の可能性が強い旨を述べたと報じている。

犯人像などは未だ特定されていないようだ。
だが、この件に関して、いくつかのブログの記事があった。

ニュー速クオリティの記事『【対岸の火事】ソウル最古の建造物「南大門」が消失、出火前後に日の丸を付けた不審な男 』

この記事はいわゆる2ちゃんねるのまとめブログで、管理人が抽出したレスを載せているのだが、その抽出されたレスの多くは、一番目のレスの
『>近くで乗客を待っていたタクシー運転手この某(44)さんは "50代に見える一男性が日の丸が入れている ショッピング・バッグを持って
>崇礼門そばの階段に上がった"と "しばらく後南大門で赤い花火が広がり始まり届けた"と言った.』
という部分に触れて「韓国のメディアが南大門火災を日本のせいにしようとしている!」といった論調を形成している。

だが、おそらくそれは誤りのようだ。
私は結構な量の韓国の新聞…北朝鮮の労働新聞までも…のHPを調べてみたが、“日の丸バッグ”云々について言及したものはなかった。韓国のメディアが南大門火災を日本のせいにしようとしている、ということを実証することはできなかった。

早い話が、ソース元とされているenjoy Korea中の記事自体が投稿者によって流された虚報、デマだったのだろう。おそらくはたちの悪い、故意に流されたデマだ。
enjoy Koreaへの投稿は何の資格もなしに出来るのだから、虚報が流されることももちろんある。その点は日本の匿名掲示板と同じだ。この引用された投稿を読んだ韓国人の多くは冷ややかな反応を当該投稿に対して示しているように思える。

しかし、日本では「韓国のメディアが南大門火災を日本のせいにしようとしている!」という論調が形成されるに至ってしまった。ほとんどこの論調は揺るがしがたいものになっているように見える。少なくとも韓国のメディアがどのようなことを報じているかということは(報じている内容の真偽ではなくして)、報じているものを参照すればすぐはっきりとわかるはずなのに。なぜか。

理由はいろいろ考えられる。レスをつけた多くの人は韓国語の新聞やHPを参照してまでことの真偽を確かめようとはしないし、そもそも韓国の新聞のHPを知らない。第一、韓国語のようなマイナーでビジネスに使える可能性が低く、活用形の暗記が面倒くさく、同音異義語の多すぎる言語を読める人も少ないのだろう。だから韓国のメディアが報じた内容の一次的な情報に触れるのは億劫なのかもしれない。

だが、enjoy Korea内の情報元の怪しげな投稿(あるいは創作された虚報)を読んだだけで韓国のメディアの論調について把握したようなものの言い方をするのはどんなものなのだろうか。日本のメディアリテラシーのあり方が近頃よく問われるようだが、まだ残された課題は相当多いように思える。
スポンサーサイト

コメント

結局、この事件は土地に関するトラブルの延長、放火事件ということになって決着がついたのか…
犯人逮捕によってとりあえず韓国内でも日本人犯人説は流れる余地はないだろうな。
文化財を焼くというのは抗議の方法としても嫌なもんだな。

  • 2008/02/14(木) 22:35:03 |
  • URL |
  • ファンの一人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/160-f51ecc3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。