ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はアニメ・ゴルゴ13初回のどこがダメだと思ったか:最終兵器としての『ゴルゴ』のストーリーに与える意味あいについて

がっかりだ。
アニメ・ゴルゴ13には…

今春のアニメで私が最も期待していたアニメの一つがゴルゴ13だった。私はゴルゴ13のマニアなのだ。とりあえず全巻コミックスはそろえている…半分以上は実家だが…

そんな私にとって、今回のゴルゴ13はとても満足の行くものではなかった。

絵がどうだ、とか、声がどうだ、とかはいい。

第一回のストーリーとして、陳腐なのだ。陳腐という言い方が妥当ではないとしたら、ゴルゴ13のよさを出していなかったと言うべきだろうか?もっといいストーリーを提出することもできたはずだ。

一言で今回の話を言い切ってしまうと…一言で言い切ってしまえるような話なのだ…飛行機がハイジャックされて、ごくふつうにスナイパーの仕事をゴルゴがこなした、というだけじゃん。

…そこには悪徳企業組織の陰謀も、冷戦対立も、テロリストの思惑も、マフィアの暴走も、技術者の悲哀も、社会への問題提起も、スカッとするような乱闘も、スニーキングシーンもなかった。また、そのミッションの困難さを描写するシーンに欠けていた。

私が個人的に、ゴルゴ13の黄金パターンはこんなものだと思う:

①何か致命的な事故や事件が起きる(この際注意すべきは、最初っからゴルゴを出さないことだ)。そして、この致命的な事故や事件は、国際情勢や社会問題などを扱ったものであれば興奮もより高まる。
②対策チームが結成される。それは既存の警察やCIAなどの組織でも構わない。その事故や事件を解決するミッションのためには誰かヒーローが必要なのだが、そのヒーローが誰か、候補として思い当たる人物は誰もいない。それほど困難なミッションなのだ。
③そこに、組織の上層部から一人のスナイパーと接触するように命令が下る、あるいはたまたまその技量をみせつけるような男がいる。問題について討議していた面々はその急な指令、あるいはその男にミッションを託すことに戸惑いを隠せない、あるいは「あなたにしか頼めない!」というくらいほれ込む。…そして、その男がゴルゴだ!
④ミッションの対象が犯罪組織などなら、それらはしばらくはのうのうとのさばっている。だが、あるとき犯罪組織のメンバーのうちの一人はゴルゴ13を依頼された、ということに気づいてしまう、あるいは凄腕の『プロ』が派遣されてきたことに気づいてしまう!パニックになる犯罪組織、そしてそこに飛び込んでくる一発の銃弾!もしくはゴルゴ13自身が乗り込んでくる場合もある!
④'ミッションの対象が事故などなら、危機的な状況に陥っている人々を助けに来たゴルゴ13!時にはそれがゴルゴ13だと気づく人もいる。
⑤大抵の場合はゴルゴ13の凄腕によって順調にことが進む。若干の困難さにゴルゴが直面することもあるが、ゴルゴは見事ミッションをこなす。
⑥そしてゴルゴ13はミッションを解決し、姿を消す。場合によっては関係者をも消してから姿を消す。

そして、①~⑥のシークエンスのうち、最も重要なのはゴルゴが現れるときだ!

観客は事前知識として、ゴルゴが凄腕のスナイパーであり、彼が依頼されたからにはミッションの成功は確実である、と言うことを知っている。切り札であり、最終兵器なのだ。最終兵器は、その存在によって、ストーリーを終わらせてしまう…つまり、ゴルゴ出現シーンのあとは、ゴルゴがどのようにミッションをこなすか、ということに観客の興味が移る。したがって、ゴルゴの登場シーンは「極めて困難な状況」→「輝かしい解決の過程」にドラマが転換する頂点なのだ(エピソードによってはゴルゴがほとんど登場せず、最後にちょこっとだけ出てくるだけで終わるのも、ゴルゴが圧倒的に強すぎるからだ)。

だから、ゴルゴの登場シーンは衝撃とともに表現されて欲しい。敵が「ゴ、ゴルゴ13!」と驚いたり、対策チームの一人が「ゴルゴ13…聞いたことがある…!」などとその凄さを間接的に表してくれるシーンであってほしかった。それなのに、今回のゴルゴの登場シーンは…何か…『凄腕のスナイパー』であることを表現するだけであって、それ以上の畏怖、恐怖といった感情が生まれてくるシーンを描くことに失敗していた気がする。

アニメの初回であるから、ゴルゴの性質を説明するような話であるべきだという弁護の仕方もあるかも知れない。だが、どうだろう。ゴルゴほど有名なキャラクターについて、いちいち観客に説明する必要があるだろうか?007について『007はイギリスのスパイで…』みたいなことを説明しないように。ゴルゴや007はヒーローの活躍それ自体が説明になるタイプのキャラクターじゃないか?

今後に期待したいけれども…

まったく、今回のアニメには『あの方』も期待されていたのに…。
(不穏な気配)
ハッ!わ…わたしは…まさか…
「ゴ…ゴルゴ13……!」
スポンサーサイト

コメント

普通におもしろいよ?

なんでもかんでも偉そうに評価したがるオタクは

これだからキモい

  • 2008/07/06(日) 13:57:13 |
  • URL |
  • a #-
  • [ 編集]

>>aさん

『私はアニメ・ゴルゴ13初回のどこがダメだと思ったか』ということで、
私個人の意見なので、そのあたりは個人個人の好き嫌いがあるかと思います。
不快感を与えたなら謝りますがこれくらいはご容赦いただきたく思います。

  • 2008/07/07(月) 22:00:35 |
  • URL |
  • ファンの一人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/185-1eaa6e16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。