ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!周辺で、今後何が起ころうとしているのか?

どうも、ハヤテのごとく!を取り巻くいくつかの状況が、今後の変化を予感を示しているようだね。
いくつかは既に多く語られているようだが、いくつかのことは未だそうは語られていないようだ。
ちょっとまとめてみようと思う。

①畑先生がBSでしばしば『ピンチ』を強調されること

BSで畑先生によって『ピンチ』が語られるということは、すなわち畑先生が忙しいということを意味する。畑先生が忙しいということは、つまり畑先生に仕事が多く集まっているということだ。

その仕事とはなんなんだろうか?

畑先生がどのような時に多く『ピンチ』を訴えられてきたか、ということを考えると、大体、アニメ放映期間中は特にそれが多かったが、またアニメ放映前の一時期、恐らくアニメ放映のための準備期間だと思われる間にも『ピンチ』であることがよく訴えられていた。

やっぱり、アニメか?アニメ二期の制作は既に決定しているはずだが、アニメ二期の準備に既に原作者周辺が着手し始めたということだろうか。しかし、かつてハヤテのごとく!が放映されていた時間枠は今現在、同じサンデーの『絶対可憐チルドレン』が放映されており、たぶん、すぐに放映を打ち切るべきレベルの実績しか上げていないというわけではないと思われる。来年からのアニメ放映に、原作者が今から準備をし始めるとはちょっと考えにくいので(まだ5月だ、しかもBSが書かれたのはたぶん5月のはじめから半ば頃だろう)、考えられるこの『ピンチ』をもたらしたものの可能性は幾つかある。

(1)アニメ二期がもうすぐ放映開始になる
(2)アニメ二期とはまた別に、原作者が関与すべきプロジェクトがある
(3)畑先生に、何か『ハヤテのごとく!』とは別の仕事が生じた

…などだろうか。私は特に(2)があやしいんじゃないかなあ、と思っている。(1)にしてはあまりにもインターバルが少なすぎる気がするし、(3)というのは、週刊連載の漫画家としてはちょっと考えにくい。とすると…映画化とかどうだろう?この考えに至るまでには、ただ単に、私がファンの一人として、映画化して欲しいっという願望を持っているだけ、ではあるんだけれど。しかしなんか最近小学館のキャラクタービジネス局は妙なぐらい映画関連の事業に力を入れてるし(『クロサギ』とか『奈緒子』とか、『ワイルドライフ』とかも。どの程度採算が取れる見込みがあったんだろう?あるいは採算が実際に取れたんだろうか?)映画化がありえなくはないんじゃないかな?まさか実写映画化はないと思うけれど。

②来週からのハヤテのごとく!本誌において新シリーズが始まること

『えーと来週からのシリーズは
ぶっちゃけこの漫画において今まで
あえてやらなかったシリーズになると思います。
(中略)
正直、今この漫画を楽しんでくれている読者が
どの程度喜んでくれる話かは分かりませんが
ちょっと色々頑張ってみようと思うので
応援のほどよろしくお願いします。』

…というBSでの文章は、今までの畑先生の文章と比してもいかにも思わせぶりだ。『正直、今この漫画を楽しんでくれている読者がどの程度喜んでくれる話かは分かりませんが』…というのは、イジワルな見方をすれば保険を掛けたようにも見えなくも無いが、あるいは本当に今までと別路線のような話になるのかもしれない。

特に注目すべきは今週のアオリだろう。
『ずっと一緒という願いの言葉。願い通りになるとは限らない言葉。次号、巻頭カラー……ハヤテの過去。』
単純に考えて、今週の話で『ずっと一緒』だという言葉があったにもかかわらず、ナギとハヤテがずっと一緒にいることが叶わなくなる展開があるということだろう。そして、それはハヤテの過去に関連しているのだ。今まで語られることの無かった過去に。

読者として気になるのは、今後のストーリー展開についてもそうだが、今後の話のトーンについてもだ。畑先生が明文で『正直、今この漫画を楽しんでくれている読者がどの程度喜んでくれる話かは分かりませんが』と書いているということは、たぶん、今後展開される話は、今までとは若干トーンが異なるものになるのではないだろうか。これをより端的に言えば…しばらく、暗い話になるのではないかな?高い確率でそうだと思うんだけど…

…正直言って、私個人としては、暗い話ってあんまり好きじゃないなあ…ノー天気なコメディが好きだったんだ…執事コメディーなんてアホみたいな分野を開拓し、そしてそれが好評を得たのも、ノー天気さが多くの人にマッチしたんだと思うんだけれど…。

もっとも、以上のような予想は私の勝手な妄想であるし、暗い話であっても、読み応えのある話であって、しかも最後にカタルシスがあるのであれば(ゴールデンウィークのエピソードにおいては、少なくとも、その悲劇性は現れていなかったように思われる)多くの読者はそれを受け入れるだろう。

また、ゴールデンウィークのエピソードに至るまでには、踏まえられるべき人間関係の構築は、ナギとハヤテだけにとどまらないはずだ。

ハヤテたちのゴールデンウィークの話が描かれたとき、西沢さんとヒナギクの関係は、雑誌掲載当時の話の流れとしては随分二人が接近しているように思えたシーンがあった。この二人の接近に至るまでの経過は既に今までの話の中で十分に描かれているのか、あるいはこれからの(ゴールデンウィークのエピソードに至るまでの)一連のシリーズでより二人が親密になるまでの経過が描かれるのか。

後者だとすれば、上記の『ずっと一緒という願いの言葉。願い通りになるとは限らない言葉。』というアオリの文章に、「ナギとハヤテ」だけでなく「西沢さんとヒナギク」という二人の関係についても意味を見出しうるだろう。だとすれば、「西沢さんとヒナギク」の間でも、何かすれ違いのようなもの、そしてそれが修復されるに至るまでの経過が描かれることになるのかもしれない。

③ハヤテの執事服のデザインが変わること

新しいハヤテの執事服のデザインは既に明らかになっている。問題は、いつから新しいものに変わるんだろう?ということだ。やっぱりゴールデンウィークのエピソードを終えて、気分一新、衣替えをするってことなんだろうか。あるいは夏服?はたまたその日の気分によるとか。個人的に今の執事服のデザインが見慣れてるし、スタンダードで可愛らしいと思うんだけれど。新しい方は、確かに涼しげで高級感があるデザインではあったなあ。これはストーリーには影響はあんまりないんだろうけれども、読者の一つの楽しみとしては重要な意味があるよね。


おまけ:
あったらイヤな今後のハヤテのごとく!を取り巻く展開を考える:

①実写化
水色の髪の毛の主人公、ちっちゃい金髪のヒロイン、ピンクの髪の毛の準ヒロインなんかは実写には最もむかないタイプの漫画のハズだ。あと実写の綾崎ハーマイオニーはかなり見たくない。スネ毛方面の意味合いで。いや、『男装の麗人』みたいな風貌なら、ある意味ありかも…宝塚風味に。畑先生のお母様はヅカファンらしいし…いや、やっぱり無理か。
『ネギま』の例? 知るか。

②鬱展開でハヤテが病む
ヤンデレのヒロインって多いよね。ヤンデレの主人公ってどうだろう。っと思ったんだけどやっぱり主人公がヤンデレだったら、やだ…。

なんとなくgorillazの2Dが思い浮かんだんだけど…ホラ、なんか、どうだろう

③ハヤテ、再び悪の道に
いや、ちょっと面白いかも…。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/192-6b144f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。