ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと創意工夫のある女装披露があっていいはずだ

拝啓

新秋の候、みなさまはお元気でいらっしゃいますか?私は元気です。が、このパソコンは死の淵に立たされているようで、この記事がちゃんとアップできるのか、謎です。

私は今、秘密組織『紅トカゲ団』の特命を受け、近畿地方における涼宮ハルヒの陰謀を調査するのため、大阪人に偽装し、諜報活動に励んでいるのですが、調査によると大阪は毎日雨ばっかりで、田舎の本屋には涼宮ハルヒの店頭キャンペーンをやっているところがあり、あとサンデーはちゃんと発売日に店頭に並んでいました。サンデーが本物かどうかを確かめるために何気ない風を装いつつサンデーの購入に及び、表紙と中身を五感によって確認しましたが、表紙がハヤテのごとく!であったことを除いては、毎週東京で発売されているサンデーに近いものが売られているようでした。東京でもハヤテのごとく!ファンに対する宣撫工作が行われているのか、調査する必要がありますな。このサンデーは非常に精巧な贋作か、あるいは本物である可能性がありますが、詳細は精密検査の結果を待って報告します。なお、大阪では商品経済が崩壊しており、駄菓子屋ではおばあちゃんが10円ガムを10億万円で売りつけているという以前の調査報告は誤りであった可能性が高いようですな。

それはそうと。
畑先生のバックステージの回数が199回に及んだそうですね。ハヤテのごとく!ファンには周知のことでありますが、改めてその数字の大きさを考えると驚きを禁じえないですよ。バックステージのページを下のほうにスクロールしていくのが大変になる記事の多さですよ。いつも畑先生はサンデーが休みの週ですら更新されていましたが、なかなかできることじゃありませんよね。ポストカードも付録になろうってもんですね。しかし、バックステージが200回になると何か特別なイベントが発生するのでしょうか。発生したらいいな特殊イベント。

今週はサンデーで巻頭カラーだから特殊イベントの大盤振る舞いってわけではないのでしょうが、私のとって今週のお話のハイライトはミニスカートのハヤテですね。男性キャラだとやっぱりスカートはロングでないと色々とまずいことになるのではないかという大方の予想を裏切ってのミニスカートですか…やりますね…。

…しかしこの場合、訓練されたトランスセクシャル物マニアならば指摘されなければならないと思うのが『公開の場での女装披露』だというところですよ。

私が思うに、公開の場でハヤテの女装を披露することによって、ハヤテの羞恥の度合いを高めることができ、それはそれでいいのですが、このシーンのツメが甘いのではないかと思われるところなのは、公衆の目にさらされて、ハヤテは恥ずかしがってるだけで、ハヤテ自身の内なる耽美な喜びを引き出すことに失敗していることですよ。

いつの日か、好事家の手によって、じっくりとハヤテを女装させるための秘密クラブが開催されることを願ってやみません。私はやっぱりエプロンドレスを所望します。そしていつしかハヤテは己が秘められたものに目覚めて…って、ハヤテのごとく!はBL漫画ではないので耽美で淫靡な悦び方面はどうでもいいのでしょうけれども。よいこの味方借金執事万歳!

あと、『イチャイチャ』と音が出るほどいちゃいちゃするというのがにったりポイントでしたね。音が出るほどってどんなやねん。音じゃないんでしょうけど。あと、個人的には擬音はひらがなで『いちゃいちゃ』にした方がよりねっとり感が出て、そのいちゃつき加減、西沢さんやヒナギクさんも絶望マックスだと思います。でもハヤテのごとく!はさわやか漫画なので(たぶん)ねっとりしてない方がいいのかなあ。

さわやか漫画的には、マリアさんの水着は露出が低いようで、実際よく見てみるとパレオみたいになってる部分は、下腹部のかなり下のほうを隠しているだけなので、それはギリギリのものがあるのではないかと思われるのが問題にならないのかと思ったりしないでもないのですが、たぶんこれがロックってやつなんだ。

今回の記事のタイトルもなんかロックに満ち満ちてるだろ?

かしこ
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/205-2fd6ce45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。