ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムスターってもう西沢さん自身が認めた属性なのか

拝啓

風の音にぞおどろかれぬる今日この頃、秋の夜長を皆様はいかがお過ごしでしょうか、こんばんは。私は森の木陰でドンジャラホイをしたり、シャンシャン手拍子足拍子したりと忙しい毎日を送っています。激しいドンジャラホイ・プレイに事故死者が続出。だが私は負けない、草葉の陰から私のドンジャラホイを見ていてくれ、先に逝った戦友たちよ…

畑先生はお忙しい中、レーシックを受けられるとか。私も一度やってやろうかと真剣に考えたこともあったのですが、目をいじくるというのが怖くて決心がつきませんでした。畑先生は勇気がおありですね。草葉の陰から手術の無事をお祈りしておりますよ。ニュースで「今日午前10時ごろ、まんが家の畑健二郎さんがレーシック手術中に意識不明に陥り、出血多量で亡くなりました。業務上過失致死などの疑いで逮捕された港区の医師(46)は2日午後、検察官による取り調べを受けるため検察庁に身柄を移されました。警察の調べによると担当した医師は『ついかっとなってやった。遺族の方には謝罪したい』と話しているとのことです」みたいな情報は今にいたるまで提供されていないので、たぶん今のところは大丈夫なのでしょうね。

角膜が厚いと、レーシックが二回受けられるとか、うれしい特典が満載なんですね。勉強になるバックステージだなあ。こりゃあ人気が出るはずですよ。日本の科学教育のため、切り取った角膜をホルマリン漬けにして保存し、次のワールドホビーフェアで展示するというのはどうでしょう。それともへその緒みたいに乾燥させて桐の箱に入れて保存するものなんでしょうか。

それはそうと。
今回は、ハムスター柄のパジャマを着ていた西沢さんが愛のために奮闘するという純愛文芸大作でしたね。印刷がつぶれかけていてよく見えないのですが、これってやっぱりハムスター柄なんでしょうか。ハムスター柄だったとしたら、コミックスの5巻では自らの守護動物がハムスターであることをあんまり快く思っていなかったっぽい西沢さんが、その守護動物を受け入れたってことなのでしょうか。少年ジャンプだったら2・3週は使いそうな展開が描かれなかったストーリーとしてあったのかもしれませんね。

パッと見、弱情けない感じが漂っていて西沢さんもいまひとつ好きになれなかった守護ハムスター、しかしある時、ピンチになった西沢さんを守護ハムが身を挺して庇う!
「へへへ…ざまぁねえな…」
「なんで…なんで私のために…バカ…ハムのバカ…!」
傷ついた守護ハムを抱きしめる西沢さん、そして流される一滴の涙が守護ハムの新の力を解放、霊的実在としての守護ハムが西沢さんと同一化する!高らかに鳴り響くテーマソング(ハ・ハ・ハムスターのマーク、ア・ア・アイツはー)、くうぅこれが真・西沢ハムスターの力か!みなぎるパトス、銀河旋風ハムスター!おめでとう君は今日から僕らの仲間だ!みたいな。

でもこの妄想はこのパジャマの柄が別にハムスターではなかったらかなり空しいものがありますね…。単行本の鮮明な印刷でハムスター柄が見られるのを楽しみに待っています。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

>別にハムスターではなかったらかなり空しい
今回の西沢さんは胸と背に輝く星(スター)がありました。
したがって、パジャマに描かれていたのはハムスターである可能性が高いと思います。

  • 2008/10/05(日) 00:03:18 |
  • URL |
  • 六角坊 #Y5QOCgjg
  • [ 編集]

>>六角坊さん

そうでしょうか。だったらいいのですが。
わざわざどうもありがとうございました。
それにしてもこの文章はあらためて読んでみると心のそこからアホくさいですね…いつものこととはいえ。

  • 2008/10/05(日) 19:44:25 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/213-0abe26aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。