ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑健二郎の忙しさの推移をBSの文章から斜め読む(連載52回目~99回)

畑健二郎のBSの記事から、『ハヤテのごとく!』の過去、現在、そして未来を読み解こうという試みの第2弾。

前回はBSのナンバーでいうと1~50回を扱ったが、今回は51~100回を扱うことにしている。
だいたい、連載1年目を向かえ、畑健二郎もその連載に慣れてきた時期だろうか。

なお、前回の記事はこちら

では、以下がその検証の内容なのだ。

第51回
畑健二郎の誕生日って10月19日なんだって…
『伊澄がハヤテのピンチを助けなかったのはなぜですか?
という質問が来たのでちょっとだけ補足。』ということで補足があった。
伊澄は助けなかったのではなく、助けられなかったのだ、とのこと。

第52回
『いや、最近漫画以外の日常生活について物忘れが激しいというか
記憶することが極端に苦手になっていて
かなりヤバイ感じです。』
とのこと。
『しかし単行本のスケジュールがかなりヤバイのですが
それ以外にもう一つまたスケジュールがキツくなる要因が……

とりあえず気合いで頑張りますから
ぜひとも応援してください。

皆様の応援だけが生きる糧となっていますので……』
との記述もある。
『それ以外の要因』ってなんだったんだろう。

第53回
『何だかんだで第四巻の発売が近かったり。

56話がセンターカラーになったり。

そして第五巻の発売が1月になったり。

その他もろもろ

やらなくてはならない事が

ありがたいことにいっぱいなのです。』

だけどなんか気が付いたらゲームのスタッフロールが流れてたりするらしいですよ。
なんでこの週は行と行との間に改行が多いのかは謎。たぶん気分か?

第54回
『今日も元気だ、巨像が強い。

11月ですね。
みなさん派手に踏み潰されてますか?』とのこと。
たぶん、先週やってたゲームも『巨像』だったのだろう。

また、『そういえばヒナギクが極端に高いところを恐れる理由も
サラッとやってしまおうかと思っていたのですが
ページの都合でカット。』とのことで、これはまだ現在も明らかにされていない。

あと、誕生日プレゼントがいっぱい来たらしい。よかったですね。

第55回
『気が付けば部数も累計101万部というありえない数字になっていて
中々とまっどったりする毎日です。』とのこと。4巻発売を控えてのコメント。
もっとも、これは刷った数。『ですからできるだけ買ってください。』

第56回
この週から『執事とらのあな』編が始まっている。
『では本当に短いですが今週はこの辺で。

来週のWEBを読んでもらうと
短い理由も理解していただけるかも……

皆さん、体は色々大事にしましょうね。』
なんかあったのだろうか…その答えは第57回のBSに!

第57回
結論から言うと、歯軋りが歯の限界を超えたらしい。痛そう…
『自転車を飛ばして駆け込むが途中、何度も
あまりの痛さに道路にうずくまる。
歯の痛みで激しい頭痛がしてくるのも初めての経験。』
痛そう…

『診てもらった結果
あまりに状態がひどかったので麻酔がまったく効かず
治療が困難ということで、
しばらくは痛み止めを飲んで
少し状態を回復させようということになりました。』
そんなことあるのか…
この週の痛そうさ加減は、BS全部を通してみたところでも、ベスト3に入るものだと思う。
『作者急病につき』が載る危険がもっとも高かった回の一つだろうか。

あと、『…………………サイン会をやることになりました………』
で、胃が痛いとのこと。

第58回
大阪にサイン会に行くのが楽しみでありつつ辛いみたいな話。
『僕の住んでいたシーサイドタウンというのは
異様なまでの巨大公営マンション群が
ものスゲー存在感をかもし出す街で
とても個性の際立った場所だったのですが
十年でどれだけ変わったのか。
宮川には相変わらず大量のボラがいたりするのだろうか。
今から楽しみ~。』とのこと。
私事になるが、私は西宮にハルヒ聖地探訪に行ったときにこのシーサイドタウンも見ている。
西宮は海に面しているので西宮から見えるのだ。
本当にシーサイドにあるのだよあたりは。衛星写真でも見れるんじゃないかな。

あと、西沢さんのファーストキスについて、
『一応タマは人間ではないので
ファーストキスではないって事で……』とのこと。

第59回
『現在の状況を分かりやすくたとえると
サイバーフォーミュラのTVシリーズあるじゃないですか?

あれの最終回の一つ前の話

旧式のアスラーダで最終戦に挑むことになった風見が
タイヤ交換なしで北海道から浦和まで
ノンストップドライビングに挑むことになった
アレの感じに近いといえば
大抵の人には分かってもらえると思います。』
わ…私にはわからない…つまり、しんどかったってことでいいんだろうか…

第60回
2005年最後の回。年末年始、畑健二郎の周辺には誰もいなかったらしい。
『完全無欠のロンリネスです』とのこと。

第61回
2006年初の回。といっても、書いているのはクリスマス後あたりだそうだ。
『では2006年の抱負!!!


『夏まで頑張ろう』』とのこと。

第62回
サイン会に来てくれてありがとう、みたいな話。
あと、単行本5巻買ってねという話。

さて、この回は『とらのあな編』の最後の回だった。
そのためか、やたらとこの回のBSは長いぞ。
その内容は自分で読んで確かめてほしいが、こんなところもあった。
『名前はまだ未定……本編内では。
そのうち誰かが付けます。

あ、でもせっかくなので募集しようかな?
えー、皆さんの考えた名前が
ハヤテの必殺技になる!……かもです、かも。

お待ちしております☆』という企画があった。
この企画って継続中なんだろうか。誰か必殺技の名前を考えてみないか?

第63回
サイン会に来てくれてありがとう、みたいな話。
たぶん、前回のBSはサイン会前に書いたものだったのかもしれない。
サイン会にはそう緊張せずに臨めたそうだ。
あと、サイン会の後に偉い人とごはんを食べたらしいが、そのときのこと。
『ですが一番衝撃的だったのは

そこに声優の高山みなみさんがいらっしゃったことでして……

しかも隣に座っていただいたりなんかしてもらってですね……』とのことで、よかったですね。

あと、『が! なんと1月1日の朝、
全身の関節が痛いです。
のどが痛くて声が出ません。
頭が痛くて目が回ります。


完全です! 完全なるインフルエンザです!』とのことで大変だったらしい。

第64回
雪が降って寒かったらしい。

第65回
『寒い日が続いていますが
皆様、風邪などひいていないでしょうか?


僕はひきました。』とのことで、風邪をひいたらしい。
インフルエンザからそう間をおかずに風邪をひくとは、なかなかなハードさだ。
『励ましのお便りを出してみるのも良いと思います。

すごく良いと思います。』とも。
あと、読者からの質問も募集された。
『いやー、書きたいことは色々……

本当に、い・ろ・い・ろ・あるのですが
ここが『週刊少年サンデーの公式ページ』であることを考えると
どうも書けないことがいっぱいありまして……


大人って色々大変みたいですよ。』とのことで、なんかあったのだろうか。

第66回
パソコンが壊れたらしい。ゲームやインターネット用のものらしいが。

第67回
歯は完治したらしい。
『結局あの後
歯医者さんに一か月くらい通って(いや、もっとかな?)
神経を抜いたら痛みもなくなりとても快適に。』とのこと。

また、この回(7巻の第5話)の話には3パターンのアイディアがあったそうだ。
落選して落ち込むナギをハヤテと伊澄が励ます話などがあったそうで、それはそれで見たいなあ。

第68回
『単行本・第六巻の準備(3月18日ごろ発売予定)

第72話のカラー(2ページカラーの18ページ)

4月末の増刊(今回は4ページくらいらしいです)


という素敵スケジュールで僕の心もドキドキです。』とのこと。
あと、以前募集した質問がたくさん来てうれしいとのこと。

第69回
なんかゲームをいろいろしたらしい。
『でもこれら全部のゲームのプレイ時間を合わせても
二時間いってなかったり。』とのことで、相変わらず忙しいようだ。

第70回
単行本6巻発売だよ、ということ。
買いにくい表紙だが、
『きっと横においてある、うにゃうにゃ先生とかを上にすると
レジも安心だと思います!』とのこと。
6巻ってそんなに買いにくい表紙だったかな…。

第71回
いろいろ質問に答えた回。雪路について触れたくだりがあった。
『□額のあれはなんですか?

という質問なのですが……ホクロかなんかじゃないでしょうか?』とのこと。

第72回
今回も質問に答えたりしていた。その中で『師匠』との交流について。
『最近師匠とあってる?


会ってませんがメールはよく来ます。
衝撃的な内容が多いです。』とのこと。

第73回
今回も質問に答えている。
また、今回は7巻の最後の話になったのだが、
この話で見開きにしたいシーンがあったらしいよ。

第74回
この回は質問の答えはなし。忙しかったためらしい。
この週の話ででてきたなんかナギに似ているポニーテールの女の子は『ライフセイバーズ』のヒロインだったそうだ。

第75回
今回も質問に答えている。
ワタルのビデオ屋は中野坂上の近くにあるらしいよ。

第76回
サイン会が近々あるとのこと。
あと、質問に答えている。
『西沢』『ワタル』などはモデルにした友人の名前からつけたらしいよ。
また、このときはまだ白皇学院の校歌を考えていなかったようだ。

第77回
この回、漫画史上でも一つの快挙というべきことが行われた。
ゴールデンウィークで雑誌が休みだというのにBSが更新されたのだ!
以後、雑誌が休みの回でもいっつもBSが更新されることと相成ったのである。
あと質問に答えたりしている。

第78回
読者の怖い話が募集されていた。
あと、制服姿のハヤテが書きにくいとのこと…そういえば、この時期はハヤテは制服姿で学校に来ているようなのだが、16巻とかを読んでみるとハヤテは執事服でずっと過ごすようになっているような…いつごろかハヤテ中でのドレスコードが変わったのかもしれない。

第79回
カラーの仕事なので忙しいらしい。
質問にも答えられていた。
『□読みきり版の『ハヤテ』は読めないのですか?

……………

返事がない。
ただの屍のようだ。

まぁ……………無理だと思います…………。』
とのことだったが、今は少年サンデー公式ガイドハヤテのごとく!で読めるぞ。

第80回
この回では質問は休み。その理由は、
『……ピンチが色々シャレになってないということで……』とのこと。
この回はけっこうBSが短かった。それまでの10週ほど、かなりBSが長い時期が続いていたのが…。
だが、短いといっても、大体200回ごろのBSはこの程度の長さが普通になっている。
『それでは今週は本当に短くてスミマセン!
来週……きっと頑張ると思います!
でもこれくらいの分量のほうが読みやすいと好評かも……

なんにしても応援のメールとかもお待ちしております!』とのことだった。
もしかしたら短めのほうが読みやすいという声もあったのかもしれない。
あと、畑健二郎が応援のメールをほしがるのは忙しいときのサインのようだな。

第81回
質問に答えたりしていた。
また、この回はコメディー要素が弱かったとのことだが(8巻第7話)、読者からの反応が気になるとのこと。
『ど……どうでしょうか?
ちょっと胃が痛いです。』と。

第82回
質問に答えていた。
その中で生活リズムについて触れたくだりが。
『大体のペースですが、作画に三日、ネームに三日。
残り一日はちまちまカラーを描いたり、WEBを書いたりで
休みは全くない感じです。
もう少し早く描けるか、早くアイディアを出すことが出来れば
もう少し楽になるのですが……』とのことで、過酷であることには間違いはない。

第83回
単行本7巻買ってね、ということ。
あとサイン会も近いけどよろしくね、ということ。

第84回
『今週はサンデーの表紙のカラーを描いたり
サイン会をしたりで
もはや何の気力も残っておりません……』とのこと。
BSも短め。

第85回
この回は8巻の第11話だった。BSのサブタイトルが『実は初投稿作が釣り漫画でした』。へー。

サイン会の詳細に関する報告。ナギがサイン会で描かれた絵として一番多かったとのこと。
あと、第7巻発売になったよという話。

またもや私事になるのだが、単行本第7巻には帯が付いてきた。読者からのメッセージを掲載するというもの。で、そのなかに、ハヤテへのメッセージとして『今度は巨大タコと勝負してください』というものがあるのだが、これはたぶん私が書いたものかもしれない…他にもこんなことを書いた人が存在したのかもしれないけど…

第86回
『現在、深夜三時。
ネームが難航し、いい感じに脳が腐ってきた模様……』という状況で今回のBSは書かれていた。
『いつの間にやら一年が半分終わり
気が付くと七月になっているという現実に
恐怖を覚える』とのこと。

第87回
質問に答えられていた。
『最近は脳を鍛える暇もなく
もっぱらゲームといえばケータイの『テトリス・ブルー』を
休憩ついでに一、二分やる程度……』とのことで、ずいぶん忙しいようだ。
そういえばしばらくBSにもゲームの話題が出ていなかったなあ。

第88回
『最近、何故かよく眠れません。
徹夜してようやく眠れると思って布団に潜っても
三時間ぐらいで目が覚めてしまいます。』とのことで、忙しいようだ。

また、この回(9巻第3話)はアテネが初めて出てくる重要な話だった。
BSのタイトルは『それはかつて少年にとって神そのものだったという』だしね。
アテネが漫画の最初期からがっちり決められたキャラだったことなどが書かれていて、今後アテネが出てくる話があったときには参照されるべき重要なBSの文章だったといえるだろうか。

第89回
六本木の温泉に行ったよという話。オープン初日なのにすごくすいていたらしい。

第90回
『それではお盆前の漫画家は瀕死がデフォルトということで
今週の話ですが……。』とのこと。
そういえば8月2日用のBSだったということで、お盆前進行だったのだな。

あと、ワタルについてこのような記述が。
『無理して入学したのでワタルは毎日勉強についていくの
が大変。
それでとりあえず英語力向上のために常に英語の雑誌を読んで
勉強し続けていたわけです。』
そういえば7巻第3話でNewsweekを読んでたりしたけどそれはかっこつけのためではなく勉強のためだったのか…偉いぜワタル。

第91回
コミケについて触れたくだりが。もう行くのはやめるべきかと迷っているらしい。
『ただなー。忙しい時こそ気分転換は必要だしなー。
あとウォーキングはダイエットにいいらしいしー。
ご利益はなくても閉鎖空間を作れる神様の聖典は
いっぱいありそうだしなー……。』
…。やっぱり行ったのだろうか。また、2005年には行っていたのだろうか…。

第92回
8月16日用のBSは、これまた雑誌は休みなのに更新されていた。

第93回
ゴールドライタンの超合金を手に入れたと喜んでいる。

この回はハヤテがメイド服を着た、私にとって実に記念すべき回だった。
『ま、本当は女装ではなく本当に女になってしまうという
展開だったのですが、なんだかそれはやりすぎな気がしたので』とのこと。
私としてはやっぱり女装でよかったと思う。みんなはどう思う?

第94回
夏の名残にプールに行ったとのこと。体力が無くなったことを痛感したらしい。
『本来ならこのWEBのサブタイトルを本編のサブタイトルにしよう
と思っていたのですが、さすがに怒られそうな気がしたので、
本編は随分と随分なサブタイトルに……。』とのこと、
BSのタイトルは『ひな祭りの頃に~綿流し編~』、
本編のサブタイトルは『恋のマジカルハヤテルンルン』だった。

第95回
『千手ピンチだ!』とのこと。
『夏が過ぎたばかりというのに大ピンチ連続で胃が痛かったりする』とのこと。
何があったのかは書かれていない。
『スターフォックスDS
ファイナルファンタジー3
テトリスDS
あとザ・タワー』などを買ったそうだ。
久米田康治と食事に行く予定も組んだとのこと。

第96回
久米田康治とモンゴル料理食べたよ、という話。
また、第8巻も発売されるからよろしくね、ということ。

第97回
8巻買ってねという話。
また、DSのテトリスで仕事場で勝負したりしているとのことも。
この回の本編は9巻の11話だったのだが、
『今回の話には今後の
物語というかこの漫画の根本に触れるかもしれないある重要な
鍵がギャグに混ぜてさりげなく組み込まれています。
いつかこの漫画が正しい形で終盤を迎えるとき、それが何であっ
たのか、なんとなく分かってもらえるかもと思っています。』とのこと。
何なのだろうその鍵って…

第98回
体重を気にして、ダイエットを始めたらしい。
あとハルヒについて。
『ここ数年ハマったアニメでは間違いなくナンバー1だと思います。』とのこと。

第99回
携帯音楽プレーヤーが壊れたらしい。
また、この回はヒナ祭り祭り編が終わった回でもあった。
漫画には常々『なかなか切って
しまった話の中にも惜しかったなぁと思うものがいくつも
ありまして、特に今回はそれが多いシリーズでした』とのこと。
特に『ヒナギクの待つ時計塔に遅れてきたせいで、ヒナギクと
戦うことになったハヤテが、その最中、実は女装の呪いが解けて
いなくて、再び女装姿となり…』というのはみたいなあ。
アニメ第2期でやらないだろうか。

第100回
『で、まぁ今週の出来事なのですが、もう凄い忙しいんですよ。
10月アニメの新番組チェックが。
あ、仕事が忙しいのはいつものことなんで置いておきますが
一体何本始まってるんでしょうか?』とのこと。
100回前ごろではあまり忙しいことに触れられなかったが、それはありふれたことになっていたからだったのだろうか。


…ということで、以上、51回~100回までのBSを概観してみた。
この期間はハヤテのごとく!の話の根幹に関わるような、あるいは非常に強く記憶に残るシーンがあったりした期間だった。だが、話の重要性などは作家の忙しさには直接的には関わらないようだ。

全体的に、サイン会に関する記述が多いことが特徴的な気がする。ハヤテのごとく!の連載が軌道にのり、一つの人気連載として順調に進み始めた時期がこの51~100回あたりだったといえるだろう。それが、畑健二郎がサイン会に呼ばれた理由となっているように思われる。

また、この期間のBSでは質問が募集されたり、怖い話が募集されたりと、読者とのつながりを持とうとする試みがなされたことも注目に値する。現在のBSではそのような試みはあまりなされてはいないようだが、今後こういったことがなされることもあるのだろうか。雑誌が休みなのにBSが更新されるという現象が始まったのもこの期間だ。

さて。
では、次は101回~150回までのBSを検討することになるな。
アニメ化が決定し、また、アニメの放送が始まる期間である。
私はアニメ化が決まるまでの『忙しさ』のBS記事内での表示がどのようなものだったか検証し、今後秘密裏に進行する商品化や映像化の企画進行の度合い等を予測できれば…!と思っている。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

必殺技の名前ってまだ決まってないのかな。
もう『ハヤテのごとく!』でいいんじゃないのか、必殺技も。
あるいは『ダブルハンマー』とかかな…
『せつなさみだれうち』とかもいいね。

  • 2008/10/13(月) 11:47:08 |
  • URL |
  • 超伝導ET #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/217-498051e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。