ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年の映画について

今年ももう終わろうとしている。今年は邦画の多くで意欲的なものが公開されたが、面白いものが多かったかと言われるとちょっと疑問かな。洋画はジャーナル性のあるもので好作が多かったようだ。

さて、それでは私が選ぶ今年の良い映画を順にあげて行こうか。

『アメリカン・ギャングスター』
ラッセル・クロウみたいな渋い役者が私は大好きだったので、この映画を見ないという選択肢はなかった。で、見終わった感想は(この映画は結構尺の長い映画だったが退屈しなかった)、『まる見えテレビ特捜部をかっこよくした感じ』だった。じっさい、ストーリーはそんな感じなのだ…新しいシステムによってギャング組織を急成長させた若き黒人ギャングスター、そして腐敗した警察組織の中でもがきつつもギャング壊滅に向けて努力する渋い警察官。警察官の努力のさま、そして捜査が結実して犯人逮捕に乗り込んでいくシーン、それらを語ろうとすると陳腐になるかもしれないが、なかなか見ごたえがあったよ。

あと、けったいな視点かもしれないが、私がこの映画を見て感動したところについて。わりと最初の方、ラッセル・クロウが犯人逮捕に行くときのシーン。ばかでかいハンマーで犯人の部屋のドアをぶちやぶるのだが、その圧倒的な存在感(銃をパンパン撃つシーンの10倍は生々しさがあった。そして生々しさをかもし出せる映画ってそんなにないと思う)、私の心に残らざるを得ないものだったね。

『バンテージ・ポイント』
いくつもの視点から少しずつ事件の全体が明らかになっていくというのは面白い映画の構造だった。しかもその構造は奇をてらったものではなく、複雑なテロ事件の全容を観客に見せるためには最適なものであったというべきだろう。長い長い(長く思われた)カーチェイスのシーンが好きかどうかは意見が分かれるところかもしれない。


そういえば今思い出した、『最高の人生の見つけ方』というのもあったが、私はこの映画をどうこういうには若すぎるかもしれないな…最初と最後はじゃっかんミスリーディングのある伏線が敷かれていてなるほど、と思わされるものがあった。テレビ放映されるだろうからそれを見れば十分かも…。

『ダークナイト』
ダークナイト、というタイトルを聞いたときなんだそりゃと思ったが、バットマン映画だということを強調しすぎるとアメコミ映画にはあまり食指が動かない多くの日本人にとってはこれがベストなタイトルだと映画会社の人は思ったのかもしれない。だが、結局その試みは失敗したらしく、この映画は日本では振るわなかったようだ。アメリカなどでは非常なヒットだったらしいのだけど。

アメコミ原作映画はやはり売れないのか?しかし、少なくとも、私にとってこれは今年で最高の映画だった。また、DVDをほかの人に見せてみると(買ったのだ、DVD)すべての人(多くは日本人だ)がこの映画を賞賛する。やはりこの映画はすばらしいものだった。

どこがそのすばらしい物だったか、というとアクションの面白さに触れなければならないだろうがそんなものは文章で書いても伝わりやしないだろう。しかし、この映画は大きな画面で、そして音響設備の整ったところで見てほしい、という私の実感を書いてはおくべきだろうか。とくにバットモービルが活躍するシーンはね!バットモービルほしいぜ。

だが、この映画の眼目はそのテーマのすばらしさだろう。悪の組織に屈することはできない、しかしその戦いの過程で多くの人を不幸にしてしまったかもしれない。…正しいことを行っているのに今は非難を甘受しなければならない…しかしいつか正義であったことが人々にわかるのではないか…そういうメッセージがラストのシーンにあったように私には思われた。また、人々は正義を行う事ができるのではないかという希望を示すシーンも感動的だった。

ほかにも悪役はやっぱり狂ってるほうがいいよなあとか爆発はシンプルながらわかりやすく面白いなあとか、色々感じさせられたよ。ぜひみんな見るべき映画だ。150分強あるのでテレビでは完全放送されないかもしれない。

邦画にも触れよう。
あんまり数見ていないのだが…

『イキガミ』
漫画原作で一番好きだったのはこれかな。遺族のごたごたがなければもっと売れてよかった映画なはずだ。いくつかの小パッセージが交錯する構造は漫画原作を生かしていた。あと、劇団ひとりが役者として光っていた気がしないでもない。

『DMC』は出落ちっぽい気がしないでもなかったが面白かったかも。

『崖の上のポニョ』
この映画に触れないわけにはいかないだろう。正直言ってストーリーはなんだかよくわからなかったのだが、その美術的なすばらしさは間違いなく日本アニメにおいて傑出したものがあった。特に津波のシーン。音楽的にもすばらしかったな。音楽がワーグナーあるいはマーラー的だったように思ったが、それは映画には必ずしもあっていなかったかもしれないが、きれいだったからいいのだ。ポニョのテーマ曲は今後子供向けの曲のスタンダードになるだろうか?すごく記憶にのこる曲だったね。

来年も楽しみな映画が多い。007の続編や、エヴァンゲリオンの続編など…続編しか思いつかないんだけど…

さて、今年ももう終わりだ。来年もよろしく。
いいなにかがありますように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/234-53dec6e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。