ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナカノブひとりぼっちになりました

前回記事を書いた時からずいぶんな時間が流れてしまった。
私が入院している間、今から考えればそれはあっというまのことに思われるのだが、病院の外、いわゆる世間ってやつの中では、幾数月の時が流れ去っていたのだ。

中延文学会の人々は…もともと中延在住者は少なかったのだが…みなそれぞれの新しい居場所に向かっていった。すでに就職されていた『超電導ET』氏は東京のもう少し東に引っ越し、同じく商社マンの『団藤』氏はまたドイツに帰っていった。『ファンの一人』氏も川崎に引っ越された。


病気で残った私ただ一人が、この地にとどまっている。
大学を卒業したら、また私も引っ越すだろう。病人でも大学を卒業できればいいのだが。

就職も心配だなあ。
某ゲーム会社に就職した兄が「お前…小学館とか新聞社とかに入りたいらしいけど、出版やら新聞やらは体力が重要なんだぞ…お前じゃ筆記や面接に受かっても健康診断で落とされるんじゃないか?」と極めて鋭く現実的な意見を言った。私は反論できないでいる。あきらめなきゃだめなのかなあ。

私はこのブログの管理者権限を与えられた。
ブログの名前を変えた。ナカノブにはもう私一人ぼっちなのだ。

入院している間、よく『ファンの一人』氏が見舞いに来てくれた。
病人というのはかなり顔が青白いようだ。日ごろ病院の中の病人ばかり見ていたせいで、ファンの一人氏を見た時「焼けました?」と聞いたことがあった。彼女は苦笑されていたが…

彼女は私に漫画を持ってきてくれた。

ギャグ漫画が多かった。うれしかったのだが、漫画を読んでいておもわずちいさな笑い声をあげたとき、笑い声は血の味がした。息が血なまぐさい。肺腔に血がたまっていたのだ。

ぞっとした。

私の病気は完全に治ったりするものではない。
でも私は病院を出たかった。少なくとも、今日という日までには。

これを読んでいる人には、それがなぜだかわかるかな?

答え:今日がエヴァンゲリオン破の公開日だからだよ!
本当にそれだけが支えで今日までに退院できたんだ。
まったく我が内なるオタエネルギーってやつは馬鹿にしたもんじゃないよね。


ナカノブひとりぼっちは皆様のご健康をお祈りしております
スポンサーサイト

コメント

やっほぉ。
みんな、生きてる?
生きてたらなんか書いてほしいな。
私は生きてるよ!

  • 2009/06/27(土) 23:22:03 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

ブログの訪問者履歴で発見して、思わず飛んできてしまいました。
久々の更新を嬉しく思います。
お体に気をつけて、がんばってください。

それでは。
…ほとんど交流も無いのに、失礼いたしました。

  • 2009/06/28(日) 23:13:06 |
  • URL |
  • 六角坊 #Y5QOCgjg
  • [ 編集]

>>六角坊様
これはこれは、お久しぶりです。
恥ずかしながら生きて帰って参りました。
まだ本調子ではないのでぼちぼちやります。

>それでは。
>…ほとんど交流も無いのに、失礼いたしました。

とんでもない、反応があってとてもうれしいですよ。

  • 2009/07/01(水) 20:26:27 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/239-f2012743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。