ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしものときのために:ブログ上に遺書を書いておこう


残念なことに、多くの人と同じように、私も死ぬらしい。
幸いなことに、近い未来ではなさそうだけれど。
でも、死が来ることは確実なのだ…

入院している間、はじめは人の死に触れるたびにおびえていたものだった。だが、しばらくすると感覚が麻痺してしまった。あまりにも人が死にすぎるのだ。何度か話したことがあった人(といっても、軽く「若いのになんで入院してるの?」とか聞かれたぐらいだったが)が亡くなった時も「ああ、この人もか」と思っただけだった。同じように、私が死んでも、病院の多くの人は「ああ、この人もか」と思うだけだっただろう。

恥ずかしながら生きながらえた私は…致死的な病ではなかったから、まあ、普通は当然なのだけれど…とりあえず、いつ死んでも良いようにした。いや、いつ死んでもいいように、というのは語弊がある。私はまだ死にたくないのだ。だが、少なくとも後に遺した人々に迷惑をかけることだけはやめようと思うに至った。

だから、私の遺志をはっきりさせるため、遺書を書こう。
生きているうちじゃないと書けない。

遺言には法定の方式がある(例えば自筆証書遺言(民法968条)なら、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない)。だが、とりあえずはここに、記事として書いておこう。

ファンの一人氏が私の提案に賛同して、近々遺書を書いてくれるってさ。
みなさんにも遺書を書くことをお勧めするよ。
しかし、なんか「遺書を書いてくれる」っていうのもすさまじい文章だな。

そして、遺書は以下のとおりなのだ。




遺言


一、財産の処分
 e-co(以下、私)所有の書籍、コミック、アニメグッズは、ファンの一人氏に遺贈します。
 私所有のパソコン、DVD、CDの処分はファンの一人氏に委任します。
 私所有の現金、預金等の資産は、○○(父の名前)に遺贈します。
 私所有の上記以外の財産の処分は、ファンの一人氏に委任します。

二、葬儀の方式
 葬儀は行わなず、あるいは、できる限り簡素なものとしてください。

三、諸手続の事務処理
 病院に関する手続は○○に委任します。
 大学に関する手続、不動産賃貸借に関する手続はファンの一人氏に委任します。
 ○○文学会(私が所属している文学会)に関する手続は、団藤氏(私が所属している文学会のトップなので)に委任します。
 上記以外の諸手続は○○に委任します。

四、遺言執行者
 ファンの一人氏を遺言執行者とします。
 遺言執行者は知人への連絡、財産の処分等を行ってください。
 遺言執行者は遺産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有するものとします。


e-co自書による   平成21年7月1日



コメント:
 遺書の内容はやはり財産の処分、パソコンの始末などが重要になるだろう。借りてる部屋について、掃除をしたり家具を捨てたりといったことも必要になるだろうが、私は遠く離れた実家から出てきているので仕事のある両親にそれらの仕事を頼むわけにはいかず、よって、近所に住んでいるファンの一人氏にさまざまな処分を委託することにした。対価は私の持っている本とか漫画とかアニメグッズとか…。アニメグッズとかは価値の分からない人にはまったくいらないものだし、売っても二束三文なのでやっぱり人に引き取ってもらうのが一番かと思う。パソコンはもらっても困るようなものもあるかもしれないので処分を委任する形とした。
 さらに、ファンの一人氏を遺言執行者として、問題が起こったときには私の一種の死後の代理人として(厳密には死後の代理人というのは存在しないのだけれど)行動してもらうことにした。

 あとは、これを自書して印を押せば完璧だね。
 では、よい終末を!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/241-2d99712d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。