ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の離れた人と話せるオタク話っていいよね


会社での話し。

「君は映画好きらしいね、最近どんなの見た?」と一回りは優に上の先輩に聞かれて、スラムドッグがどうの、グラン・トリノがどうのといった話をした後、「実は最近見たので一番面白かったのといわれると、ヱヴァンゲリヲンなんですよ…」と言った。

私は隠れオタ、というかわざわざあけっぴろげにする必要も無いかと思っていたので周りの人にはオタ話をしなかったのだが、会社でそんなことを言ったのは初めてだった。話が分かりそうな人がいないように思っていたこともある。

私も「ああ、なんかやってるよね」ぐらいの返答を予想していたのだが、「ああ、アスカがよかったよね。俺はアスカ派なんだ」という予想外の答えが返ってきて驚いた。

驚いた理由:
①年が離れた人でもエヴァを見ている人がいるということにあまり思い及んでいなかった。
②その人がエヴァとか見そうに無かった。
③アスカ派に初めて会った。

その人は「いやあ、ここ(会社)にはアスカ見たいな女の子って多いじゃないか?ほら、優秀であることがアイデンティティになってて、でも勉強ができるからって仕事ができるとは限らなくって、仕事のプレッシャーに耐え切れずにいつしか折れちゃう…みたいな。君もそんなアスカみたいにならないように注意しなよ」と話を締めくくったのだけれど、私はわりと上の空でその箴言を拝聴していた。

そうか…よく考えたら、エヴァンゲリオンってもう10数年もオタにおける最重要作品の一つであり続けてるんだな…今までそのことを考えてなかったけど、いまさら良くわかったよ。年の離れた人との共通の話題の一つを見つけたわけだ。かなり限られた人と、の限定の話題だけど。

年代的に、その先輩はエヴァ初放送時に大学生ぐらいだったはず。もっとも熱心にエヴァを見た世代だろう。一回り以上の世代の差を越えて一つの作品でオタ話ができるってすばらしいよね。あとアスカに関する箴言もありがたみがあったような気がしないでもないよ。

そして。

たぶん、これからどんどんオタクの数は増えていくはずだ。
だとすれば、いつしか世代を超えた共通の話題となりうるオタ作品が登場しうるはず。

あるいは、既にドラゴンクエストなんかはその域に既に達しているのかもしれない。

ちなみに、今のところ私が最も年の離れた人とできたオタ話は『めぞん一刻』。
25歳以上離れた人と熱い話が通じました。
高橋留美子は偉大だ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/243-52ef7210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。