ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月3日はマジカル☆デストロイの作者、三千院ナギ先生の誕生日なのだ

忘れがちな事実だったが、我々はもともとハヤテのごとく!の劇中劇、『マジカル☆デストロイ』のファンだったのだ。

そして、今日、12月3日はマジカル☆デストロイ作者の三千院ナギ先生の誕生日。
そこで今日は三千院ナギ先生の誕生日を記念して、マジカル☆デストロイについてのさらなる考察を深めようではないか。


まず最初に、マジカル☆デストロイとはどのような漫画なのか?ということについて考察してみよう。

~そのジャンル~

『マジカル☆デストロイ』は旧来の漫画とは大きくその形態を異にしており、新しいジャンルの開拓者なのではないかとも考えられるが、ここは一応その漫画のキャラ付け、ストーリー展開などからジャンルについてまず考察してみよう。

まず、主人公はブリトニーという少女。職業はお花屋さん。サンデーでは既にお花屋さん漫画がこないだ始まっていたので、仮にマジカル☆デストロイが本格的に連載が開始されるとサンデー誌上では二つのお花屋さん漫画が競合することになる。これはサンデー史上初めてのことではないかと思われる。しかし、おそらくマジカル☆デストロイはお花屋さんものと分類するべきではないだろう。

その理由として、ブリトニーの第二の属性が挙げられる。ブリトニーは魔法少女でもある。だとすれば、キャラクター付けからジャンルを分けるならば『魔法少女もの』と分類されるだろう。お花屋さんの仕事をしている展開はおそらくあまり無いだろうから。

なにせ、マジカル☆デストロイの主なストーリーは12次元から現れた落ち武者大将軍その他の勢力との死闘にあるからだ。この点から『アクション・ストーリーもの』ともいえるだろう。なお、今は魔法少女としての活動ばかりがクローズアップされているが、そのうちお花屋さんとしてのスキルが生かされるシーンもありうるかもしれない。想像しにくいストーリー展開だが。

ここで、一つの疑問が浮かぶ。

マジカル☆デストロイの作者、三千院ナギ先生は13歳の女の子である。なぜ13歳の女の子が壮大なストーリー展開を有する硬派ストーリー漫画を描こうと思ったのだろうか。13歳の女の子って普通少女マンガちっくなラブコメものとかをノートに描いたりするものではないか?

~ラブコメ展開は今後ありうるのか~

ラブコメ展開についての端緒が存在しないわけではない。ブリトニーが恋している相手、三途ノ川センパイとの交流が描かれる可能性がある。

ここで、三途ノ川センパイについて説明をしておくと、三途ノ川センパイには妻と子供がいる。ブリトニーの恋は許されないものであるわけだ。しかし、三途ノ川が悪い魔女に星に変えられてしまったことで、センパイを元に戻すために、三途ノ川とブリトニーとで旅をすることが可能になっており、そこにストーリー展開の主眼があるのだ。

三途ノ川を元に戻したところで彼は妻のところに帰るだけ。ブリトニーと三途ノ川が結ばれることは決してない。三途ノ川を元に戻さなければ三途ノ川とブリトニーとは一緒の旅を続けられる。さあどうするブリトニー!ってなわけで。

…おそらく、このまま行けばラブコメ展開はなさそうだ。もしもそんなシーンがあったとしても、三途ノ川が元に戻った時にブリトニーと三途ノ川との間で交わされる喜び、そんなものだろう。アクション・ストーリーに重点が置かれた漫画がラブ展開に走り出すとどうしてもその勢いが殺されて話のテンポが悪くなりがちだ。

しかし作者の三千院ナギ先生はけっしてラブ展開そのものは嫌いではない御様子。ハヤテのごとく!2巻39ページでは『九十九里の恋』なる漫画の第128話で『ラブラブ大晦日』という回があり、ナギ先生はそのあからさまにラブを見せ付ける展開を読んで「悪くはないなぁ…」と発言していることから、けっこうラブ展開がお好きなようだ。

もっとも、『りぼん』や『花とゆめ』に載っているようなラブコメ少女漫画をナギ先生が描くことは考えにくい。どうも少女漫画はあまり読まれていないようなのだ。ハヤテのごとく!劇中でも少女漫画と分かるものを読んでいたシーンは見られなかった。

~マジカル☆デストロイのラストとは~

マジカル☆デストロイのラストはどのようなものになるのだろうか?ハヤテのごとく!第100話ではまだナギ先生自身、そのラストを考えていないことが明らかになった。

おそらくそのラストがどうなるか、ということはナギ先生自身の生活によって左右されるのではないだろうか。ブリトニーはナギ先生自身を投影したキャラクターではないかと考えられるためだ。理由はないのだけれども。

結局、よいラストとはつまりよいナギ先生の生活に懸かってくるということだ。
『マジカル☆デストロイ』がよい物語のラストを迎えることができるように、ナギ先生のご多幸をお祈りして、この文章一席のお粗末、ってなわけで、今日は一つ。

三千院ナギ先生にお誕生日のお祝いを。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

12月3日は三千院ナギの誕生日…
いっぺんこれをwikipediaに載せたろか。

  • 2006/12/03(日) 20:11:40 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

ナギの重要なポイントは恥じらいだよ。
恥じらいを忘れるようになっちゃやまとなでしことしてはオシマイな気がする。
あれ、ナギって日本人なんか…?

  • 2006/12/04(月) 20:04:43 |
  • URL |
  • 超伝導ET #-
  • [ 編集]

行ってきたよよつばと!展覧会。
内容はちょっと市販品を並べたってな感じだったけれども…

ま、原画の展示とかもあったし満足ではあるけれども。
ああしかしサイン欲しかったなあ…

  • 2006/12/05(火) 17:03:36 |
  • URL |
  • ファンの一人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/30-2782d439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。