ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転倒した価値観、混迷する社会情勢下にあっても如何にして生き延びるか、をハヤテのごとく!は教えてくれる

ご英断!畑先生のご英断ですよ!

世の中の人々は少年漫画に何を求めているか?退屈な日常への一つまみのスパイスですよ。だとすれば、読者はストーリーに触れるにあたって、常に刺激を求めてやまないもの。今回はその刺激を十分に受けられました。これぞ畑先生のご英断の真価発揮。千客万来、家内安全、出前迅速。これすなわち、いわば心の光合成。心の葉緑素反応。心の地球温暖化防止策ですよ。

なんだか知らないけれども今週のハヤテのごとく!はいつもと一味違いましたよ。実際なんか違うのですが。2ページ目を開いたときから。サンデーでいうと98ページ。そう、コナン君も人間なんだから迷いの一つや二つあるでしょうな。たまにはハメもはずしてみたくなることでしょうし。年末だし無礼講。…てなことではないでしょうが…

しかし、コナン君って事件が起こったところに駆けつけてくるタイプの探偵でしたっけ?どちらかというと事件をコナン君自ら起こしてるんじゃねえかってぐらいに事件とたまたま遭遇する探偵じゃなかったでしょうか。

2006年12月13日。ああこの日を人類は忘れるだろうか。いや忘れない。畑先生の「マイ続編」がサンデー誌上において公開された日ですよ。マイ続編が何を意味するかはまあかってに改蔵で論じられたマイ続編の意味と同じなのですが。

…というか今回のハヤテのごとく!はどういう漫画なんでしょうね?何漫画なのでしょうか…?110ページには両津勘吉の肖像画もあるし…

ハヤテのごとく!がなんでかコナン君の世界に旅立つとは。いや詳しい事実関係は良く分からないんだけれども時間軸ってどういうことになってるんでしょうか。3月なのか12月なのか。西沢さんが「今3月だし…」って言ってるから3月なのか。

しかし。私が思うに今回のハヤテのごとく!のテーマはコナン君世界とハヤテのごとく!世界の協調なのですよ。二つの世界の融和。雪解け。プラハの春。ポスト冷戦経済。経済・商業の活性化。小学館キャラクタービジネス部門の出番なのか。

…つまりアニメ化か?だったらうれしいな。

ああ西の国も東の国もありがとう。これか。これがデタントの兆しなのか。世界平和への人類の大いなる一歩なのか。これは一人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとって偉大なる一歩なのだ。そんなはじめの一歩。

あと、BSによるともともとはコナン君が死ぬ予定だったんですか。それも見てみたかったけれども。でもその場合だれが推理をするんでしょうか。それはもはや名探偵コナンではありませんな。死んでる人が主役というのも変な話ですし。

しかし、コナン君は二度死ぬ。ドラえもんでいえば『さよならドラえもん』のように。歴史は常に繰り返されてきた。今までも、そしてこれからも。

そんな世界を股に掛けるコナン君にとってワールドイズノットイナフ。「『ハヤテのごとく!』の世界じゃ不満だ…私は強欲な人間なのだよ…」まったく、ピアースブロスナンの意志力にはソフィーマルソーもびっくりですな。

まあそれはそれとして。

何の因果で西沢さんは山荘に紛れ込んでいるのか。

やっぱり、完全に西沢さんの夢なんですか?そうであってほしくないような。私は現実社会において平凡な町娘その一(早い話がエキストラ)に過ぎない存在であるからして『平凡な少女』というキャラクターに高い評価を与えてしまうという先天的な嗜好上の疾患を患っておるのですよ。『耳をすませば』を読めば雫の友達のなんか名前を思い出せない女の子に共感し。『めぞん一刻』を読めばあの名前の思い出せない女の子に感情移入し。好きなキャラの名前を覚えていないと言う不敬な人間なのですが。まあ『平凡な少女』が最後まで注目される漫画って少ないから必然的にこの嗜好を持っている人はいまひとつカタルシスを得ることができないわけですが…もしかしたら最後までなんだか注目されなかったと言うこと自体が『平凡な少女』に感情移入する読者にとってのツボなのかもしれませんね。

…いや、西沢さんの夢ではなく、もしくは平行世界なのかも。「このような世界もあり得た」という形での畑先生からの提示なのかもしれませんね。

…あるいは多次元宇宙なのかそれとも宇宙人の情報思念体なのか未来人なのか少年エスパー戦隊なのか。西沢さんは神なのか。そして父ちゃん、俺はやるのか。

次回のハヤテのごとく!が楽しみです。まったく無かったことになっているのかもしれないけれども。まあ、それはそれでいいですよね。

追伸:BSバックステージの西沢さんがなんかセクシーですね。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

タイトルはハッタリなのですが。
アニメ化するって本当なの?

  • 2006/12/13(水) 18:07:46 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

たぶん嘘じゃないの?

もしもそんなに確定的にアニメ化のうわさが立っているんなら、
もうちょっとアクションなんかがあってもいいはずじゃないかな。

  • 2006/12/14(木) 23:02:31 |
  • URL |
  • 超伝導ET #-
  • [ 編集]

UOOOOOOOOOOOOO

アニメ化!アニメ化!
>しかし。私が思うに今回のハヤテのごとく!のテーマはコナン君世界とハヤテのごとく!世界の協調なのですよ。二つの世界の融和。雪解け。プラハの春。ポスト冷戦経済。経済・商業の活性化。小学館キャラクタービジネス部門の出番なのか。
>…つまりアニメ化か?だったらうれしいな。

いやあデタントって本当にすばらしいものですね。

  • 2006/12/17(日) 00:47:52 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

実験的なこころみの漫画は少年誌では受け入れられるのかな?
どんなもんだろうね?

  • 2006/12/18(月) 00:54:36 |
  • URL |
  • ファンの一人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/36-0809041e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。