ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年読んで一番面白かった漫画を発表するのだ (e-co)

クリスマスになれば今年ももうすぐ終わり。
年の瀬。
一年の総決算ですよ。
今年のうちに一年の経験をまとめましょう。
ということで『今年読んだ一番面白かった漫画』を各自で発表することにしましょう。
ルールとしては、今年初めて読んだもの。発行年は今年でなくても可。
まず私、e-coから。

私が読んで今年一番面白かった漫画は…
もちろん『ハヤテのごとく!』でしょう。
熱烈なファンだもの。

そして、今年は結構名シーンが多かったですね…
もはやいちいち指摘するのもおこがましいが…『ひな祭り祭り』はやっぱりいい作品でした。
私にとって特にツボだったのがやはり単行本9巻P106。
ハヤテがネコミミカチューシャメイド服に着替えたシーンですよ。
今単行本で読み返していてもサンデーで最初に見たときの感動が甦ります…!
以下、私の感動を文章で表現してみました。

ああ。
素晴らしい。まったくもって素晴らしい。ああ素晴らしい。

嘆かわしい事件の多いこの渡世。浮世は浮いたり沈んだり。人の情けも七十五日。殺伐としたこの現代日本に一陣の涼やかな風が舞い込んだようなハヤテのごとく!でした。

しかしなんていうことでしょう。日本ではいまだ多くの人がまだこの素晴らしさを知らないのです。せっかく日本に住んでいてサンデーが買えてあまつさえ日本語が読めるくせに。日本語が読めなくても読むべきなのです。それは読んでいるって言わないのか。眺めてるっていうのか。まあいいやいろいろ嘆かわしい。

さて、具体的に素晴らしい点を箇条書きにして述べましょう。

①106ページのハヤテの姿が素晴らしい。そうかわが国の文化はジェンダーイコールソサエティーの壁をとっくに跳び越していたのですか。今後の世界の趨勢はサンデーにかかっているのですな。猫耳カチューシャをたたいてみれば文明開化の音がする。カチューシャが猫耳っぽくて好きさ。でもこんなカチューシャって実在するんでしょうか。仮に存在しないとしてもそんなものを創造した畑先生は偉大ですよ!

②ハヤテがその後2ページの間気づいていないのが素晴らしい。
ああなんて自然体なんだ。猫耳カチューシャ明度服、これが人間本来の姿なのか。自然の温かみを忘れた現代人に今ひとたびのみゆきまたなむ。おおきみのへにこそしなめかへりみはせじ。

③そして自らの姿に気づきスカートを赤面しながらつまんでひらひら、なかんじのハヤテがああ素晴らしいなあ。
回ってみたりしているのもいとろうたし。

④あとヒナギクがテレながら自己内省をしているのとかよく考えたら来週も猫耳カチューシャをつけたままうろうろするハヤテが想像されたり(だって脱げないんですよね?)とかでいちいち素晴らしいのですが書いていくときりがないので、たぶん『これが素晴らしいんだ』ということは説明できただろうことをもってよしとしましょう。

…さて、これほどまでに素晴らしいハヤテのごとく!の伝播範囲を日本という狭い枠内にとどめておいて良いのでしょうか?勿論その答えはノーですよ。是非これを海外へと輸出して日本の三大輸出物品を『精密機械、自動車、ハヤテのごとく』であると小学生に暗記をさせるのですよ。無論アメリカの三大輸入物品なんかにもハヤテのごとく!がランクインするわけですね。そしてそれをまたアメリカの小学生が暗記するのです。また、海外への援助物品としても最適なんじゃないでしょうか。翻訳には苦労しそうですが。私の試算によれば大体90ヶ国語ぐらいに翻訳する必要があるかと思われます。おしん並み。いやそれ以上か。
加えて、このハートフルストーリーに接する機会を健常者のみに限定しておくことは憲法14条の趣旨から言っても違憲ですよ。憲法は国家にハヤテのごとく!の大活字本、点字本、あとは朗読テープとかいろいろを製造するに際してのコストを負担することを義務付けていると考えるのが自然な憲法条文の読み方なのです。その予算分配に際しての決議で紛糾する国会!揺れる永田町、霞ヶ関!
そして紛糾の後に翻訳されたハヤテのごとく!を援助物品として受け取るアフリカの子供たち。その視線の先には猫耳カチューシャのハヤテが。…ああそれが人道的なのか人道的でないのかよくわからなくなってきました。

それにしても、ドラえもんとかは大活字本があるのだからハヤテのごとく!なんかも大活字本で出せばそれなりに採算は取れるのではないでしょうか。私は買ってみますよ。朗読テープはいわゆるドラマCDって奴にあたるのでしょうか。私は買ったことありませんけど、ドラマCD。
思わず興奮してなんだか長いことかいてしまいましたがとにかくハヤテのごとく!は素晴らしかったということですよ。

ああ素晴らしかったよなあ。
来年あたりハヤテのごとく!がアニメ化されるらしいですし来年のハヤテのごとく!にも期待ですね。
スポンサーサイト

コメント

今読んでもいい回だった、あの回は。
それにつづくヒナギクとの二人だけのお誕生会も。

  • 2006/12/25(月) 13:58:52 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

そりゃあハヤテのごとく!は上位にくるよね…こんなブログを作ったぐらいなんだし。
しかし、なんかそれだけでは満足できない何かとかもあるのだよ。
年取ったかな。

  • 2006/12/25(月) 18:34:55 |
  • URL |
  • 超伝導ET #-
  • [ 編集]

ハヤテのごとく!は見開きにインパクトのある回が多いね。
映画的なのかな。ストーリーの盛り上げ方がうまいのだよ。

  • 2006/12/27(水) 19:48:46 |
  • URL |
  • ファンの一人 #-
  • [ 編集]

ハヤテ。来年アニメ化だし。
なんだかしらんが日曜日にやるっていう噂を聞いたぞ。本当かな?

  • 2006/12/31(日) 22:48:52 |
  • URL |
  • 団藤 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/44-d5eae9b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。