ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『それでも町は廻っている』のモデル地について

正月休み、本当はやらなくてはならないことがたくさんあるというのに怠惰に去年買った漫画を読み返していた私。

桜玉吉の『しあわせのかたち』愛蔵版全三巻を読み終えたあとに手にしたのが石黒正数の『それでも町は廻っている』。この漫画はリ・リードアビリティ(注)があるなあ…。

んでもって、パラパラと何度も読み返していたのだが…まだこの漫画は二巻までしかでていないのですぐ読み返せるのだ…あることに気づいた。

この漫画のモデル地は、たぶん多摩川沿い、大田区の下丸子だと思われる。

その証拠をひとつひとつ挙げていってみよう。

①単行本1巻37ページ『丸子町商店街』の看板その他多数登場する「丸子」という地名:
『それでも町は廻っている』の舞台となる商店街の名前が『丸子町商店街』なのだが、丸子という地名は多摩川のあたり、詳しく言えば神奈川県川崎市の上丸子や東京都大田区の新丸子、下丸子などの地名がモデルとなっているのではないだろうか?

②単行本1巻71ページ『鮮魚真田』の看板『37XX-54XX』
こういう電話番号になるのは東京都の大田区、品川区、目黒区の一部。ちなみにこのブログを運営している中延文学会の本拠地がある中延の電話番号は3784で始まる。

③単行本1巻85ページ『あっ 川だ 玉川だ』というセリフ。
もちろん、多摩川のことだと思う。

④単行本1巻163ページ『近いぞ 庄和町団地かな?』というセリフ。
庄和町は葛飾の方の地名なのだが…『昭和島』なら大田区にあるのだが。

⑤単行本1巻191ページのあとがき。
はっきりと『東京都内の下町…』と書かれている。
品川や大田区のあたりは田園調布など高級住宅地もある一方、下町もある。
ちなみに地震など災害の危険が最も高いのもこのあたりの下町だといわれている。

⑥単行本2巻12ページ『また明日から打倒!駅前大型スーパー!!』というセリフ。
下丸子駅前にある西友のことか?

…うーんこれほどまでに状況証拠があるとどうもモデル地についての確信が得られたと言わざるを得ませんな。

以前から「なんか雰囲気が私の住んでいるところ(品川区中延)に近い感じがするなあ…」と思っていたのだが、やっぱりそうだったか。
最初は「あれーこれは足立のほうだろうか…」とか思っていたものだけれども。
もし下丸子だったとしたら中延から自転車でいける距離だな…

下丸子もいいところだろうけど中延もいいところですぜ。
中延よいとこ一度はおいで。是非。


(注)
リ・リードアビリティとは『再読性』のこと。
あずまきよひこ『あずまんが大王』の帯でこの漫画はリ・リードアビリティがある云々というコピーがあった。
スポンサーサイト

コメント

たぶんこの読みは正しいと思うのだよ…
いやあ下町っていうと神田あたりを思い浮かべる人がおおいけど戸越とかいいとこだよ。
戸越銀座の商店街は安いよ。

  • 2007/01/06(土) 12:47:28 |
  • URL |
  • 超伝導ET #-
  • [ 編集]

下丸子って都会っぽいね航空写真によれば。
それにたいして中延はたんなる古い家が密集しているカンジだけれども。
まあ行ったことないから詳しい話はいえないけれど。

  • 2007/01/06(土) 18:08:41 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

下丸子ってそんなに下町かな?
戸越あたりのほうが下町っぽいかもしれないよ。古い家も多いし。
人情は確かにあるかもね。

  • 2007/01/07(日) 22:43:21 |
  • URL |
  • 団藤 #-
  • [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/10/09(土) 11:25:56 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/51-46dabb61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。