ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週号のサンデーについていた『バレンタインポストカード』ってどうなのか

バックステージで執事検定やDVD応募についての言及がありましたね。

執事検定、私も提出いたしましたよ。想像を遥かに超えた応募ってどれくらいなんでしょうね。みんなそんなに色紙が欲しいのか。欲しいのですね。そりゃ欲しいですよ。最終日に直接小学館に持ってくるってのは凄い意気込みですね。それくらいの意気込みがあるのならもうちょっと早くだしなはれという気がしないでもないですが。

うーん、しかし応募数が多いと言うことは私のハガキで畑先生の色紙がもらえる可能性も低そうですね…残念。それだけハヤテのごとく!に注目が集まっていると言うことでうれしいことでもあるのですが。
DVDへの応募も想定していた6・7倍とは…!最初に想定されていた数がどの程度なのか気になるところですがすごいですね。DVDの追加生産がかかって工場も大忙しですよ。景気の向上に一役買っているハヤテのごとく!には安倍首相も緊急叙勲を検討するべきですよ。あ、緊急叙勲制度は殉職しないともらえない制度でしたね…先生はまだ死ぬには早いですよ。紫綬褒章あたりを狙うべきですな。

そういえばこないだ東京に部屋を見に行ったときに神保町に行ったのですが小学館のビルって神保町駅の真上にあるんですね。びっくりでしたよ。神保町のドンという感じでしたね。そして集英社が隣にあるんですね。神保町には古い雑誌とかを扱っている古本屋なんかがあってナイスでしたよ。ハヤテのごとく!の読みきり版が載っていたサンデーを探しているのですが見つかりませんでした。

それにしても、自分が好きだったものがメジャーになっていくというのはうれしいですよね。ハヤテのごとく!はアニメ化されてメジャーになっていくのでしょうね。サンデーに掲載されている時点で十分メジャーなのでしょうが。もうじき10巻も発売ですしね。特典もたくさんあるらしいし買いますよ私は。

それはそうと、今週のサンデーについてですが。

なんかバレンタインポストカードってのがついてましたね。
webサンデーのコメントが振るっていましたよ。
『毎年2/14が恐い、そこのアナタ!! サンデーは、そんなアナタを応援するため、特別な付録をご用意しました! 一見何の変哲もないカードですが、こするとなんとチョコの香りが!! ハイテクかつ心温まる逸品です!! なにはともあれ、これで1個は確定です!!』

サンデーの読者の8割はバレンタインデーに関係の無い人生を送っているだけありますね。

『なにはともあれ、これで1個は確定です!!』って書いてありますけれど、これをチョコと形容するのはチョコ概念を過剰に拡張している気がします。これがチョコと呼ぶのはメロンパンを食べたのをメロンを食べた、と形容するようなものですぜ。

それにこれを仮に「チョコを1個もらった」と表現したところで、チョコの贈与主体は『小学館』になるのでしょうか。「小学館からチョコをもらった」という文章は「小学館からタックルされた」「小学館から狙撃を受けた」「小学館から愛の告白を受けた」などという文章と同程度に無意味な文章のような気がするのですが…だって小学館は組織体であって身体とかを有しませんしねえ。より直接的にいえば小学館がサンデーの発行を委託している印刷会社の印刷工や配送担当者、あるいはキオスクでサンデーを売ってたおっちゃんからもらったことになるのでしょうか。そうなのでしょうか。チョコレートありがとうおっちゃん。ホワイトデーには何もあげないけど。

まあもう自由登校で誰にもチョコを上げたりもらったりしないからいいや。ああ中学生のときがなつかしいなあしみじみ。

今回のハヤテのごとく!を読んで改めて認識したんですがヒナギクさんの立場って少女漫画にありがちな「友達の好きだった人が好きになってしまった」人なんですね。ほほう略奪愛。マリアさん曰く「裏切り」。
私の好きな『星の瞳のシルエット』もそんな漫画でしたよ。こういう漫画は大抵後半になるとドロドロしてくるんですね。ドロドロというか行き詰まってくるというか。閉塞感が凄い。でもそこも面白いわけで。良作なのでブックオフで探して読むといいですよ『星の瞳のシルエット』。

それにしても随分みんな温泉に行ってるんですね。私も下田温泉に行きたいです。別に下田温泉じゃなくてもいいから行きたいです。ハヤテのごとく!の登場人物達がとりあえずみんな下田温泉に行ってるみたいですけれども、下田温泉ってそんなお嬢様方が向かうような高級温泉地なんでしょうかね?

何はともあれ、来週で温泉旅行編も終わるようですよ。行くのには時間がかかるけど帰ってくるのは一回も描写されないというヤマト方式でしょうか。
畑先生によると『作者的にはもう数年越しで思い描いてきたシーンが出てくる話』だそうですから乞うご期待、というところですかね。

今週発売になる10巻ともども楽しみに待つとしましょうか。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/67-c4d6469b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。