ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!における潜在的女装少年性について

綾崎ハヤテはしばしば劇中で女装する。
それは彼の趣味なのではないが、周りがそうさせるのだ。
時にはナギのわがままで、そして時には超自然的な力によって。

さて。私は今までハヤテが女装するのは作者の嗜好よりもむしろ読者がそういった展開を求めているがために、ハヤテに受難が降りかかるようなストーリー展開になるのだと思っていた…
しかし、彼のキャラデザインを改めて見直してみよう。
華奢な体と色素の薄い髪色、そして女顔。
私はこういうデザインの男の子をよく描く作家を知っている気がする…

星逢ひろ

突然出したこの絵は何かって?たぶんカタギ衆はご存じないだろうから、言おう。
これは星逢ひろというショタ漫画を描いている漫画家の描く典型的なキャラクターだ。
そして、こういう絵は、しばしば星逢ひろ以外によるショタ漫画にも出てくるキャラデザインなのだ!
「受」キャラとして。いわば受キャラの標準形ですな、こういうデザインは。
んでもって、受キャラといえば、女装だ。『受→女装』、これは定理だ。反論は不可能なのだ。

そこで、私は女装しうる傾向があるキャラクターに関するメルクマールを提案する。
これを『潜在的に女装少年となる可能性がある』キャラクターに関する理論と言うことから、「潜在的女装少年傾向の理論」と名づけようと思う。

この理論からあるキャラクターが潜在的に女装少年であるというための要件は、次の四つだ。
①男である、②華奢な体である、③女顔である、④色素の薄い髪色である。
以下、この四つの要件について、詳述しよう。

①男であることは「女装少年」と言いうるためには当然の前提となっている。もしも女だったら「ただの女」である。「男だと思っていたら女だった!」みたいなキャラクターも時たまいるが、もちろんこれは女装少年ではなくてただの女なのだ。

②華奢な体であることは女装少年にとって大きな意味を持っている。ごつい体の人間にはフェミニンな服装は似合わない(それは女の人であってもそうだけど…)し、大体「ねえねえ、ちょっとこの服着てみてよ!」とか言われてなりゆきで女物の服を着ようとした男の子…とかいうよくある女装少年ものの展開において、男の子が「ごめん…やっぱはいんないや、服」とか言ったら読者がしらけるじゃないか。その点から言ってもこの要件は欠かせないようだな。

③女顔であることは、少年が女装し始めることに関して非常に大きな意味を持っている。普通の人間はトランスセクシャルな服装をすることに強い違和感を感じるものだが、女顔であれば「ねーねー、ちょっとこの服着てみてよ似合いそうだから!」とかいって周りが女顔の男の子に女装を勧めるわけだ。こうして少年は女装少年への道を歩み始めるわけですな…現に、綾崎ハヤテが女装しだしたのもナギが「なあハヤテ…この服を着てくれないか?」と女装を勧めたことからだった(単行本1巻150ページ参照)。ちなみに、他にも8巻26ページでヒナギクの母から勧められている。

④色素の薄い髪色であること…いちおう要件としてあげたが、この要件に対する有力な反対説もある。また、「男の子は全て受けなんだ!」という過激な理論を展開する論者もいる。
ただ、私はあえてこのことを一つの要件としたい。BL界を見渡しても、経験的に色素の薄い髪色である少年は女装少年になることが多く認められるのは確かだし、それが一つのストーリーの傾向として固定化されているならば傾向に関する理論としての要件付けには問題が無いと認められるからだ。
加えて、私は一つの違う見方についても提示したい。
一つの作家が女装少年物を描くキャリアが長くなると、受けの男の子の方を色素の濃い髪色にするようになるようなのだ。
例えば、前述の星逢ひろ。
初期の頃描いていた絵はこういうのだ。
syounen02.png

先ほど載せた絵は、中期といったところだろうか。
で、新しいのになるとこういうのも出てくる。
037.jpg

つまり、キャリアが長くなれば従来の表現とは違ったキャラデザインを試み始める、ということか。だとすると、この要件は「作者の女装少年ものキャリアが短い場合」限定に修正されることになる。

さて、この要件の修正が正しいとすれば…気になることがある。作者のキャリアが長くなれば第四の要件は無くなるわけだ…。その結果、第四要件以外の要件を全て満たせば…つまり、男で華奢で女顔ならば、潜在的女装少年傾向があるといいうることになる。

あれー?ハヤテのごとく!に男で華奢で女顔のキャラってハヤテのほかにいたかなあ…?って、

いるよな。

そう、ワタルだ!

つまり、私の潜在的女装少年傾向の理論を延長すれば、ワタルが女装する日もいつか来る。
来るのだ!来ると思う。来ると信じて!しかしワタルが女装するのは諸刃の剣かもしれん。
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

ふううむ。
ファンの一人氏はいつもながら深い洞察ですね。
もっとほかの事にその洞察力を生かしたらどうなんですか?…

くだらないことを言うのはほどほどにしますが…
なるほどワタルの女装少年展開ですか。
BSでも触れられていましたが…
実現するものでしょうかね?

  • 2007/03/01(木) 23:52:37 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

なんかアニメの放映日程が決まったらしいぞ。
日曜日の朝10時からなんだそうだ。
テレビ東京系列だよ。
うーん。深夜番組かと思っていたのだが…

  • 2007/03/04(日) 01:21:01 |
  • URL |
  • 超伝導ET #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/71-2acc3fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。