ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベントに行ってはみたけれど:イベント初体験の記

イベントに行ってきた。
イベントに行くのは東京に引っ越してきてから初めて。というか、生まれて初めて。
comic1というイベントだった。場所は国際展示場。コミケと同じ場所。

友人に連れて行ってもらったのだが、友人が始発電車で行くというので私も始発電車で行くことになる。朝2時半起き。これは最早朝の範疇を越えている気がする。
私の家は中延で大井町から高速臨海鉄道に乗れば国際展示場まで安くいけるのだが、友人が「有楽町から新木場に行って、新木場から国際展示場に行ったほうが5分早い」という。5分。

…5分?

5分ぐらいええやんと思ったのだが、友人は聞かないのだった。私はしょうがなく友人と同じルートで行くことになった。差額は500円ぐらい。まあ、イベントの作法を教えてもらえるのだから授業料だと思って付き合った。

さて、始発電車が到着してから10秒後の臨海高速鉄道の国際展示場駅には、なんかいわゆるオタクっぽい人々でみちみちていた。みんな走っていた。あるいは小走り。小走りで駅から展示場までの道のりを進む。オタクたちは展示場近くの広場のようなところに一旦集められる。展示場のシンボルのような建物が見える。実物を見て私は少なからず感動した。ああココがオタクの聖地なのか。私達はさしずめ巡礼者だな。

驚くような人の集まりようだった。始発電車から並ぶと会場が開場されるまでに4時間も待たなくてはならない。彼らは4時間待とうというのだ。数冊の同人誌を手に入れるためだけに。4時間と交通費とをかけて…

私は軽くジャンプしてみた。はるか向こうまで延々と黒い頭が並んでいる。
ああ日本人の頭って黒いのだな。私も黒いけど。

一旦列が固定されてからはうろうろすることもできた。うろうろした。
たのモニュメントみたいな建物の中でやるのだと思っていたが実際にはそうではなかった。あの良く分からない逆ピラミッドの中に入ってみたかったので、若干残念だった。

しかし、4時間。私は待たされている間にだんだん元気を失い、なんでこんなことをやってるんだろうと考えたりもした。同時に、周りの人々の圧倒的な数を思ってこんなにもたくさんの人が4時間も並び、かつこれが複数回目だったりする人も相当多数いるのだと考えるとくらくらした。
世の中は広い。そんなに同人誌が欲しいんか。欲しいんだろうな。私は別に目当てのサークルとかが無く、友人に引き連れられて行っていただけだったので同人誌のサークルの詳細などを知らなかった。だから購入欲も湧きようがなかったのだ。

さて。待ちに待った開場のときが来た。開場は10時半。そのときまでに既に私の周りのみんなはなんだか死んだような顔になっていたが、開場し、会場に入り…入館証をかねたイベントのカタログをみんな高々と掲げて…非常に奇妙な光景だった…毛語録を掲げる文革期の党集会みたいな…私は笑っていたがみんなマジメな顔をしていた。

そして、会場に入って…みんながダッシュするのだ!走らないでくださいと呼びかける係員の声もむなしく。私の友人もダッシュして私はその友人とはぐれてしまった。わけもわからずその辺の列に並ぶ。とりあえず何かを買ってやろうと思っていたためだ。で、どこともしらないサークルの良く分からない同人誌を買った。どうもオリジナル本らしかったが。それが私が生まれて初めて買った同人誌だった。

私は友人とはぐれ困惑していた。あてもなくふらふらしていると友人が列に並んでいるのを発見した。運が良かった。普通ならあの人の量からたった一人の人間を発見するなどとてもできなかっただろう。私は友人の並んでいた列に参加し、同人誌を買った。私の知らないやつだった。というよりも、私が知っているものの方が圧倒的に少ないのだから、それは当然というべきだっただろう。

で、友人に連れられていくつかのサークルを回り、いくつかの同人誌を購入したがどれもあまりよく分からないものだった。私はだんだん落ち込んできた。私にはあまりにもイベントとは時期尚早だったのではないだろうか。あまりにも知識がなく、価値も分からない。

そんななか、私が知っている数少ないサークルをカタログの中に発見した。「んでもって」だ。ハヤテの絵をHPにアップしているのをよくゴルゴ31を介して知っていたのだ。で、買いにいったんだが…売り切れていた。新刊はそもそも出さなかったらしい。私は何のためにこんなに苦労して来たんだろうと思った。ホコリっぽい空気と喧騒の中で。

家に帰ってきた今も思っている。

結論としては、私はイベントに行くためにはあまりにも基礎とされる知識や行動力が欠けていたのだった。
有意義にイベントに参加できるのだろうか、私は…ということを考えたところ、私がイベントに参加すること自体をあきらめるか、或いはより勉強するかが必要となることだろうが、とりあえず、今は眠い。朝2時半おきなのだ…
スポンサーサイト

コメント

んでもっての本は欲しかったなあ。
HPが好きだし。

  • 2007/04/30(月) 15:53:04 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/96-cbfa7cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。