ナカノブひとりぼっち

(日常はあっけなくデストロイされちまった!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫茶店がなんか『銀色のハーモニー』の喫茶店に似ている…と思った

今回のハヤテのごとく!に出てきた喫茶店「どんぐり」が柊あおいの少女漫画、『銀色のハーモニー』にでてきた喫茶店に似ている気がしました…(それにしても私は柊あおいが好きだなあ…)けど、さっき漫画を見返したらやっぱりちょっと違ったなあ。でも、何かが似ている気がする。たぶん、似ているのは…雰囲気でしょうね。

私が柊あおいが好きすぎるからかもしれないが、ハヤテのごとく!に漂う雰囲気は全体的に柊あおいの少女漫画に似ている気がする。もちろん、ギャグとかがじゃなくて(柊あおいの漫画は正統派の少女漫画なのでギャグとかはあんまりでてきませんよ)、少年少女の恋愛模様というか、そういったものが。誤解やらすれ違いやら、友人の好きな人が好きになってしまう女の子とかが。でも最後はハッピーエンドそのもので読後感が爽やか。いい漫画ですよ。すれ違いのさなかは読んでて結構ブルーになってくるようなものが無きにしもあらずなのですが。

ハヤテのごとく!全体を貫いているドラマツルギーというのは少女漫画のそれに非常に近い気がしますね。平凡な女の子(西沢さん)が結構キーパーソンだったり、勝気だけど自分の恋愛には積極的になれない女の子(ヒナギク。ナギもかな?)がいたり。ちなみに80年代少女漫画のセオリーでは平凡な女の子が主役級でもちろん最高にハッピーなエンディングを迎えつつ、勝気な女の子は…大抵爽やかなタイプの勝気キャラだと主人公を助けてくれたりしつつ、人気者っぽいタイプの男の子との恋を成就させたりするんだけど…(さらに嫌な感じに勝気っぽいタイプ、てのもあって、それは大抵ええとこのムカつくかんじのお嬢様で、主人公の女の子と恋のライバルになって、金の力にものをいわせて高いプレゼントを男の子に贈ったりするのよねん…まあ、それはそれとして)…たぶん少年漫画においては勝気だけど自分の恋には積極的になれない、そんなツンデレなキャラが最高にハッピーなエンディングも迎える立場なんだろうなあ。しみじみ。

それはそうと。BSによると、畑先生は随分お忙しいようですね。『燃えよペン』11話的状況とは…分かる人には非常によく分かる説明ですね。私はなぜか『燃えよペン』を竹書房版、サンデーGX版の二冊を持っているのですが、そもそもの出版元が竹書房だということを最近知りました。小学館だとばかり思っていたのですが。『省学館』とか出てくるし…今市販されているのはサンデーGX版で、私の持っている竹書房版は今絶版なんだそうで。レアアイテム。小学館版にはついていない島本和彦先生の若かりしころのカラー写真がついていてお得ですよ。小学館版にもつけて欲しいです。しかし、この写真を撮ったときに島本和彦先生が27歳か…私とは10歳ぐらい年が違うだけやなあ…うかつ賢二ってだれやねんしかし。

それにしても、銀杏商店街…なんかほとばしるほどのお洒落感が漂うストリートですね。私の家の近所にある戸越銀座商店街とは格が違いますよ。国道一号線沿いの悲しみ…中央の広場みたいなところがローマの休日に出てきた公園みたくてナイスですね。ライフ・イズ・ビューティフルにも出てきたような記憶が。これも『実際の練馬区とは関係のない練馬区』の底力なのでしょうか。実際の練馬区とは関係がないとはいえ、練馬区だと思って見くびっていましたよ…練馬に行ってみたい。イタリアにも行ってみたい。真実の口に手を突っ込みたい。コインを泉に投げたい。泉に溜まったコインを掃除機で吸い取りたい。吸い取ったコインで公園のたこ焼きを買いたい。イタリアにたこ焼きはないかもしれない。

コーヒー専門店の喫茶店にもたこ焼きはないでしょうね。だいいちたこ焼器がなさそうですよ。また、喫茶店とはいえ、ネーポンとかもなさそうですね。『アジヤコーヒー』とかとはたぶん違う類の店なんですよ。カウンター席もあるし。カウンター席ってのはきっと常連客がマスターと語り合うための席なんでしょうね。純喫茶。喫茶店の加賀さんは男か女か分からない…ということですが、この体格はまぎれもなく男の人のような気がします。もしくは女子バレーの選手とかだと思います。奇跡のブロックとかかましそうですね。木の葉アタックとか。天井サーブとか。髪型がそれっぽいものを想起させますよ…中性的な美少年とか美少女とかって良くあるキャラかもしれませんが(私は好きですが…いや、大好きですが)中性的なお兄さん(お姉さんかもしれないけど)は珍しいですね。お姉さんというよりも御姐さんって感じかもしれません。そういえば、私の知っている茶道の先生がこんな感じの人でした。お茶にごす。その人はいちおう男の人でした。

それにしても、西沢さんって二時間も前から待ってるんでしょうか。健気さが炸裂していますね。もしもハヤテ君と会えるってんなら私も二時間どころか一日や二日は徹夜で待ちますが。愛は時間を超えるのか。『時間が人を左右するのではない…人が時間を左右するのだ!!』

左右するのです!!
スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

米軍放送を聴いているよ…
ハヤテのラジオも聞こうかな。

  • 2007/05/11(金) 18:08:22 |
  • URL |
  • e-co #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magides.blog81.fc2.com/tb.php/98-829cc4c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。